2010年12月31日

今までの将棋人生で、


1番目か2番目に充実した1年でした。

読者の皆さん、どうもありがとう。

また、将棋に感謝します。

posted by むとせ at 23:58| 日記(ツイッター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激指4:4段 対 激指定跡道場:5段


やっと4段が1勝を返した。

これで1勝3敗である。

続ければ五分五分になるのだろうか?

激指5段と激指5段+


いろいろやってみたが、どうもこのレベルと自分のレベルは同じぐらいらしい。

やはり予想通りだ。


激指4の激指4段が、激指5段に全く敵わない。

まだ2回しかやっていないが、5段側の圧勝である。

この前ブログに載せた数字はなんだったのか?

段位をずらして調整したのではなかったのか?


そもそも激指4段が道場5段というのは本当なのか?

これだけできれば将棋3段:3


選択肢ありません。

定跡と言うより常識問題です。

かつてNHK将棋の解説などでもよく出てきました。



posted by むとせ at 22:06| 将棋有段になる次の一手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一目で解けたらプロ級11手詰:5 10分で2段 でも易しい


5.詰将棋道場 勝浦修9段著

第101問


私見ですが、10分で2級以下だと思います。

詰将棋の難易度感は、個人によって全く異なります。

ですから、いろいろな受け止め方があります。

しかし、この問題は2段レベルではありません。

2段レベルの手筋は含まれていません。

3分で初段ならわかりますが・・・。





posted by むとせ at 19:20| 一目で解けたらプロ級11手詰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果