2011年05月31日

最近、困ったことが起きている。


@消費税を2015年度までに10%にするというほぼ決定事項。

・自分の周りでは、一部の高齢者だけが賛成している。マスコミのアンケート発表は、賛成者が50%前後で推移している。地方ではこんなに高い数字が出るわけないのだが・・・。地方はぼろぼろ・ずたずたの景気だよ。これではますます将棋の本を買えなくなる。前にも書いたがまず公務員の、高級官僚の人件費削減が先だ。増税はそのあとでなければ納得がいかん。

Aノートを買えなくなったこと。
・2年前は、1冊30円で購入できた。今は100円以上かかる。将棋用の研究ノートが買えない。エクセルで我慢するか?

B狙っていたノートパソコンの価格が急騰し始めた。
・ずっと値下がりし続けていたにもかかわらず、先週土曜日あたりから上がり始めた。これでは買えない。メモリ2Gだと不便すぎて困る。残念だが購入は諦めることにした。

CSeesaaブログの書式が変わったこと。
・横幅が大きく変わり、字が見にくくなった。


A〜Cは自力で何とかなるが、@に関してはみんなの協力が必要だ。せめて生活必需品だけは今のままか、逆に下げてほしいものだ。

しかし、本当にあんなに賛成者が多いのだろうか?
情報操作じゃないのか???

posted by むとせ at 13:07| 日記(ツイッター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社会人向き最短将棋上達法】《補足》


学生や比較的時間を確保できる社会人と多忙な社会人とでは、将棋にかけられる時間が全く異なります。

私も多忙な側に回ってしまい、昔と異なり以前の10分の1や20分の1しか将棋のための時間を確保できなくなってしまいました。


この【社会人向き最短将棋上達法】は、そういう忙しい人を対象にしています。

根本的に何かを変えなければ、実力アップどころか棋力維持も難しくなってきます。

ましてや、この間の震災のようにアクシデントが起きると、将棋時間ゼロというな日々を送ります。


立場や状況が異なる人が、このブログの読者には大勢います。

この点をご理解の上、当ブログをお読みいただければ幸いです。


もちろん、社会人以外の方が読んでも、内容を理解できれば役に立つものと確信しております。
posted by むとせ at 08:59| 将棋が上達する方法(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詰将棋の練習成果を実戦で最大限に生かすためには・・・@


まずは、「3手の読み」を実戦にも生かすことである。

「自分がこう指す。その場合、相手はああ指す。それで自分はこう切り返す。」


以前、詰将棋は「勝って読みを減らす訓練である。」と書いた。

解答のある詰将棋は、この自分に都合の良い読みを減らす訓練に最適である。

実戦のようにより複雑な局面でも、基礎訓練を詰将棋でしっかり行っていれば必ず生きてくる。

諦めずに続けることである。


プロでさえ、難しい局面では一手先も正確に読めないことがある。

だから、我々アマが必ずしも何手先も正確に読めなければ、なかなか強くなれないわけではない。


まずは、3手だけしっかり読むことである。

この正確さが、将棋の上達を早めるのである。

タグ:将棋 上達
posted by むとせ at 07:46| 詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする