2011年07月31日

お金と時間、労力をかけないで将棋が強くなる方法:PART1(主に、道場3段前を対象とする)

主に、道場8級〜二段の大人を対象とする。


1.流行戦法を指さない。

・流行を追うと、やたらと書籍代がかかる。ひどい時は、数年後、その戦法が全く使えなくなる。


2.ネット将棋は、指さない。

・ネット将棋のデビューは、道場三段からでも遅くはない。自分の将棋さえも覚えられない人間は、ネット将棋を指しても、まともに反省将棋さえできない。ただし、棋譜を保存できる環境なら、初段ぐらいから初めてもいいかもしれない。道場初段前のアマの場合、早指し将棋が将棋の上達を早める可能性は低い。また、効率が良いとは言えない。もちろん、アマトップやプロを目指す少年少女は、どんどん指していただきたい。


3.将棋の本は、7割:終盤、2割:中盤、1割:序盤の割り合いで購入する。

・中終盤に関する本は、何十年たっても色褪せない。いつまでも使えるので、99%後悔しない。だから、自信を持ってお薦めできる。序盤に関しては、一戦法3冊に抑える。(本来なら1冊に専念した方がいいが、必ずしも網羅性の高い本に出会えるとは限らないので、3冊にした。)また、ネットで棋譜を収集したり、テレビ将棋を見たり、激指定跡道場2の定跡を利用したりすれば、安く序盤を研究できる。特に、得意戦法を探している段階や、戦法を変えようとしている時には、定跡道場2の価値は相当高い。また、もしアマ高段を目指すなら、棋譜集が効率的である。


4.研究用の将棋ソフトは、激指とAI将棋で十分である。

AI将棋のソフトは、将棋盤を複数稼動できるので、研究用に向いている。私もAI将棋を3ソフト持っているが、局面や手順を比較・検証したい時には、大変役に立っている。激指に関しては、今更言うまでもない。長期的に利用するなら、この2ソフトで十分である。ただ指すだけが目的なら、他のソフトでも遜色ない。


AI将棋 Version 18 for Windows / イーフロンティア

AI将棋 Version 18 for Windows / イーフロンティア




posted by むとせ at 13:22| 将棋が上達する方法(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後世に残したい将棋上達の本:015 悲しくて涙が出る

ここのブログでも、度々下の本の問題を取り上げてきた。

土曜日にご紹介しようと思ったら、たった今1冊売れて、残り2冊になってしまった。

マニアの収集パワーは、ホント恐ろしい。


この本には思い出が多い。

何だか悲しくなってきた。


極光21―詰将棋作品集 [単行本] / 上田 吉一 (著); 河出書房新社 (刊)

極光21―詰将棋作品集 [単行本] / 上田 吉一 (著); 河出書房新社 (刊)

posted by むとせ at 02:09| 上達を早める本・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする