2012年07月31日

【極秘】【重要・将棋】将棋上達の方法を突き詰めると、それはたった1つに集約される!!!


それは何か???


ちょっとだけ考えてみよう。









答えは、

「急所に手が行くかどうか?」

である。


序盤ならば、
【定跡】がその急所の手を教えれくれる場合が多い。

終盤ならば、
【詰めや必死、寄せの手筋】が急所のヒントになる。


ならば、中盤は?

中盤は、【大局観】だろう。


もちろん、【大局観】は、全体を通して役に立つが、
中盤は【仕掛けの手筋】以外は、
【大局観】がとても重要になる。


1つの考え方のヒントになれば、幸いである。


世の中には色々な考え方がある。

むとせの考え方を誰かに押し付けるつもりは毛頭ない。





大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21) [新書] / 羽生 善治 (著);...

小林覚の大局観養成講座―バランス感覚をみがく (プロの大局観シリーズ) [単行本] / 小林 ...


posted by むとせ at 23:23| 極秘・将棋(20120718〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2012年8月3日(金)発売開始】「将棋世界 2012年 09月号 [雑誌] [雑誌] / マイナビ (刊)」


将棋世界 2012年 09月号 [雑誌] [雑誌] / マイナビ (刊)


長期的に読んでいれば、
全然将棋の才能がなくても、
将棋三〜五段を保証してくれる本だと思う(笑)。


一時期内容が薄い時期もあったが、
最近は過去最高の出来だと思う。

今の将棋ファンが羨ましいものだ。


それに、内容が充実しているから、
他人に見せたくないことや教えたくないことも
たくさん載っている。

多分強い人ほど、それが何かわかっているはずだ。


残念ながらそれについてはここでは書けない。

時々【極秘】でも書いているけどね(笑)。


750円でこの内容なら、
むとせはむしろ安いと思う。

昔は内容に不満があったから高いと思っていたが、
最近は勝又プロのおかげでそうは思わなくなった。

彼のシリーズは、ずっと続けてほしいものだ。

彼も将棋の天才である。

だが、あの分析と文才の方が、能力として
もっと優れているのかもしれない。


何とも羨ましい限りである。




posted by むとせ at 22:02| 新刊のご紹介・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする