2012年11月30日

【重要・将棋】ここまで読めれば将棋初〜五段:後編 羽生善治の終盤術Aより



羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21) [単行本] / 羽生 善治 ...


前回の続きである。

あまりにも有名なので、
ほとんどの読者は上の本を持っていると思う。

重要だから何回も書くが、
このシリーズは第3巻と第2巻を最初に仕上げた方が良い。

ある程度問題を解けるようになったら、
各例題の最初の設問のみを考えるようにした方が
上のステップに行きやすい。

それは説明しなくてもわかることだろう。


前回の問題の解答は、
下の通り11手前後読むことになる。

たった11手だが、
実戦ではこれが頗る大変なのだ。

だから、最初はできる限り簡単な問題で
指し手を読めるようにするべきだ。


その候補として、この本を例に挙げている。

解説は本に詳しく書かれているので、
ここでは省略する。


まぁ、この局面で11手前後読めれば、
立派な将棋高段者である。

少なくとも将棋三段はある。

もっと複雑な局面になれば、
7手程度でも最低将棋三段はある。


複雑な局面でこれなのだ。

だからこそ、局面の狭い詰将棋などでは、
最低15手程度は読めるようにならないと、
将棋四〜五段の道は果てしなく遠い。



なお、ここでは9手詰もまともに解けない
インチキ将棋四〜五段を除くよ(笑)。









タグ:羽生善治
posted by むとせ at 19:46| 将棋3〜5段を目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【重要・将棋】詰将棋サロン進捗状況 むとせ開眼?(興奮・ワクワク) 2012年12月号 またもや激指でも解けない問題登場!!!



今回から「詰将棋サロン進捗状況」の記事は、
あちらのブログに書くことにした。

さっき投稿したので、是非読んでほしい。


今月号の問題8問中少なくとも2問は、
激指には解けなかった。

【残りの6問はすべてを試していない。】

【たまたま解かしたら、
 その両方が解けなかった(笑)。】


やはり、詰将棋を解かせるのならば、
【柿木将棋】だよね。



柿木将棋8】のPCソフトは、
激指以上に人気があり、
残念ながら下の状態だ。

【クリックすればわかるよわーい(嬉しい顔)!!!】

【柿木将棋IV】は売られているが、
【柿木将棋9】の登場が待ち遠しいね。

むとせの【柿木将棋8】は、
もちろん、WIN7では動かない。

だから、いろいろ不便で困っているのよ。


【柿木将棋】は、
将棋のレベルはアマの四〜五段しかない。

だが、詰将棋を解くレベルは、
棋界随一なのだ。

だから、重宝している人も多い。

これは、プロもアマも同様だ。


詰将棋が好きな人や詰将棋で将棋を強くしたい人は、
是非準備してほしい。

もちろん、中古しかないが、
残念ながらアマゾンには・・・。





柿木将棋 8 / エンターブレイン

柿木将棋IV / アスキー




タグ:柿木将棋
posted by むとせ at 10:40| <<重要・将棋>> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする