2013年04月30日

【追記:4月7日】賢い人【将棋・重要】凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス 7) [単行本] / 金子 タカシ (著); 浅川書房 (刊)


前回の記述に追記しておく。

下の「凌ぎの手筋200」が発売されてから、
「凌ぎの手筋186」の中古の価格が暴落すると
予想した人も多かったはずだ。


だが、蓋を開けてみると、
実際はそうはなっていない。

相変わらずの高値である。

この事実をどう捉えるかも、読者の実力である。

賢い人にはすぐにこの事実の意味がわかるはずだ。


・・・追記ここまで・・・



凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス 7) [単行本] / 金子 タカシ (著); ...


いやあ、驚いた。

とうとう出版された。

【4月3日時点では画像がない。】


むとせも下の本は持っているが、
上の本を速攻で注文した。

その後、すぐに売り切れた。

今は一時的に在庫がない。

時々確認していただきたい。


下の本で将棋が強くなった人、
特に高段者になった人は実に多い。

本物の将棋三段・四段の壁は、
この辺りにあると思う。


独学で伸び悩んでいる人には、絶対にお勧めである。


なお、上の本は下の本より易化している可能性がある。

それについては後ほどご報告したい。


それから、これらを仕上げてから、
将棋ソフトで負け続けるとある大きな壁を越える。

その壁とは、自玉の危機管理能力である。

自玉に対して危機感が高まり、
早めの対策ができるようになるのだ。

この能力が高まると、10〜30秒将棋でも
激指二段〜四段に勝てるようになるはずだ。


管理人むとせも経験者の1人だから断言できる。




凌ぎの手筋186 (塚田泰明の速攻将棋) [単行本] / 金子 タカシ (著); 高橋書店 (刊)

凌ぎの手筋186 (塚田泰明の速攻将棋) [単行本] / 金子 タカシ (著); 高橋書店 (刊)


posted by むとせ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊のご紹介・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

将棋 そう言えば、


今日はこちらには何も書いていなかった。

特に、書くことはない。

posted by むとせ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ツイッター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする