2017年01月17日

将棋速報 <渡辺竜王>「三浦九段にご迷惑かけた」疑惑指摘を謝罪



一番下の記事によれば直接の謝罪ではないです。

本人の前で土下座謝罪が筋でしょう。

それ以外は認めません。


それに、タイトル返還が絶対条件です。

あらぬ疑いで人の人生を変えてしまったのです。

警察には捕まりませんが大罪を犯しています。

本人にその自覚があるのでしょうか?


また、三浦弘行九段への補償も大切です。

このまま終わらせていい問題ではありません。


今回の件で日本将棋連盟全体の非常識さが浮き彫りになりました。もっと社会勉強した方がいいかもしれませんが、おそらく100年以上過ぎても無理でしょう。


 将棋の渡辺明竜王(32)は17日、三浦弘行九段(42)の将棋ソフト不正使用疑惑を日本将棋連盟に指摘したことについて「メディアの取材に対応したことにより、三浦九段にご迷惑をかけたことを申し訳なく思う」と謝罪した。11期目の防衛を果たした第29期竜王就位式で述べた。連盟の委嘱で疑惑を調査した第三者調査委員会は先月、三浦九段の「不正行為の証拠はなかった」としている。

 第三者委の調査報告書によると、疑惑を週刊誌が取り上げることを知った渡辺竜王が連盟の理事に伝え、その後の処分の発端となった。「メディア」は週刊誌を指すものとみられる。竜王戦の挑戦者に決まっていた三浦九段は出場停止処分を受け、開幕直前に丸山忠久九段(46)が代わって挑戦した。【山村英樹】



posted by むとせ at 22:06 | TrackBack(0) | 将棋のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
成長因子発毛効果