ads.txt

2010年10月06日

将棋が上達する方法34

羽生善治の終盤術(全3巻)」で扱っている全107局を並べましょう。


ここのブログでもすでに15局投稿しています。

カテゴリの「振飛車」と「居飛車」の中に入っています。

高速棋譜並べ」に関しては、「極秘」で記述済みです。


@熟読法

・「次の一手」形式で、一手一手を自分の頭で考え自分なりの答えを出してから次へ進む。
・終盤に関しては、この書籍の解説があるのでそれらを参考にする。
・一通り最後まで考えた1局は次の日から、高速で並べる。
・その時できるだけ変化も思い浮かぶようにする。


A(高速)棋譜並べ法

・黙々とひたすら20回並べる。
・並べる時は瞬間的に一手だけ予想する。
・棋譜を意識して覚えようとせずに、5〜20回並べて自然と覚えてしまうようにする。
・20回×3セット=60回を最初の目標にする。
・その後、大会前の時、スランプの時などに繰り返し、最低100回は並べるようにする。



posted by むとせ at 16:25| 将棋が上達する方法21〜40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果