ads.txt

2010年10月20日

一目で解いてほしい9手詰:0

これが詰むのか?7手詰」は、お陰様で大好評です。


長い間、詰将棋の重要性を説いてきた甲斐がありました。特に【極秘6】以後の反響がとても大きいです。

いよいよ「9手詰」も視野に入ってきた読者も多いと思います。このカテゴリでは、易しいが重要な9手詰を扱います。カテゴリ名は、「一目で解いてほしい9手詰」としましたが、あとで変更するかもしれません。


一目で解ける9手詰が数百題になれば、3段〜プロになるための基礎体力を身に付けることになります。ちなみに、プロ(9段も含む)は一睨み30手読むそうです。9手詰でも変化が多い場合は30手以上読む場合もありますから、9手詰を短時間で解けるということは、少しだけプロやアマ高段者に近づいたことになります。








中長期的に信じて付いてきてもらえれば、悪くとも将棋3段にはなります。もちろん、全員は無理ですが・・・。
posted by むとせ at 18:04| 一目で解いてほしい9手詰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果