ads.txt

2010年10月20日

一目で解いてほしい9手詰:1


第1問 上達詰将棋100 第33番


この問題は、以前出題した次の一手の問題ととても関連があります。何の話かわかる人は、過去の問題にまじめに取り組んできた人です。

何の意味のなく出題しているわけではないのです。

なお、この問題の解説のところには、初手を短時間で発見する方は初段以上である、と書いてあります。私も同感です。

仮に一目で解けなくても、実戦でこの局面になったらこの形はなんとなく詰みそうだと感じられることも実力です。初手だけわかれば、あとは手なりに詰んでしまうことも多くあるからです。



posted by むとせ at 20:29| 一目で解いてほしい9手詰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果