ads.txt

2011年02月21日

銀の手筋08−2


変化1

この変化になると先手が指しやすいです。
(6六銀、4六角がある。)
後手はどこにも主張点がありません。
手数をかけた割には成果が上がっていません。
有段者同士では圧倒的に先手が勝ちやすいでしょう。




変化2

これも後手は何をやっているかわかりません。
全く得をしていることがありません。




明日【05〜08のまとめ】をやり、
【09】に入ります。
ラベル:手筋
posted by むとせ at 23:08| 手筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果