2011年05月28日

アマ四段が詰まなかった5手詰 プロも考え込む問題


以前、掲載して評判の良かった問題である。

アマ四段が何人も、30分考えても詰まなかったそうだ。

プロも、5手詰にしては相当悩むらしい。


短手数の5手詰、30分で詰まなかったら、
もうおしまいである。(笑)


こういう問題で実力が身に付くか、という疑問が
起きるかもしれない。

しかし、将棋はゲームである。

脳を使うゲームである。

ゲームには発想が必要だ。


だから、頭の固い脳から新たな発想を引き出すためにも、
いろいろな問題にチャレンジする方がいい。

その方が頭が柔らかくなる。

その結果、自分の限界を打ち破ることが
できるようになるものだ。


余談だが、頭が柔らかいと寿命が長いそうだ。

学者の研究も相当発表されているらしい。


青野照市九段作




posted by むとせ at 22:49| 難問3手詰・5手詰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする