ads.txt

2011年08月05日

本当に将棋が上達するとっておきの方法


夏休みに入って、アクセス数も大幅に上昇してきたから、教えてあげよう。

簡単だ。





本気になることだ。


「えっ?」


って、思ったあなた。


将棋で強くなろうと、本気で思っているアマなんてそんなにいると思う???

アマが将棋で強くなったって、お金儲けできたり名誉を得たり、ましてや女にモテたりするわけではない。

仮にアマ日本一になっても、たいしたことないでしょ。


本気で将棋の勉強をしているのは、地方のアマでは、各県せいぜい10人ぐらいでしょう。

私の県でも、4〜5人じゃないかなぁ。

(プロを目指している少年達を入れると、20人はいるかもしれないが、彼らをアマとして考えるのはちょっとおかしい。)

そう言っている私も、その中には全然入っていない。


本気になったら、犠牲になることが山ほどある。

だから、本気になる事自体が、大変な労力だ。

短期間に強くなろうと思ったら、本気になるしかない。


自分も当時は凄かったから。

1日中、将棋の勉強をしていた。

受験勉強並みか、それ以上でしょう。


今、やれって言われても、絶対に無理。

無理、無理。

だから、停滞している。

力を戻すことで精一杯。


時間がある人は、本気になること。

それだけですぐに強くなれる。


本気じゃない人は、すぐには強くなれないよ。

そんなに甘くないもの、将棋の世界は・・・。




自分のペースで強くなりたいのなら、話は別だよ。

ここの読者にはいろいろいるから、それなりに頑張ればいい。



どこの世界でも本気になっている人は、予想以上に少ない。

本気になるだけで強くなるのなら、半年だけでもやってみればいい。

あっという間に、3段強〜4段弱になる。


それに昔より圧倒的に将棋の環境が良くなっている。

むしろなれない方が不思議かもしれない。


posted by むとせ at 22:26| 将棋が上達する方法(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果