ads.txt

2011年08月08日

むとせ(六年)流将棋上達法:001 飲み会、上司、会議、葬式、運転、エトセトラ。

社会人は、忙しい。

そんな中で時間を見つけて、
将棋の実力アップをしなければならない。


今回私が提案する方法は、4×4の詰将棋を、
脳内将棋盤で解く方法である。

以前少しだけ触れたことがある。


具体的に書くと、まず下図のような詰将棋を
頭で覚える。

もちろん、これは易しいので、実際はもっと難しい問題や、
5×5以上の詰将棋を選んでいただきたい。

(最初は、慣れるまで易しい方がいいかもしれない。)


覚えたら、記事タイトルのような細かい時間を使って、
解くのである。

飲み会、上司の付き合い、くだらない会議の時間、
葬式や結婚式、運転中など、いろいろ時間はあると思う。

それらを有効に活用する上達法である。

【トラブルがあっても、自己責任でお願いしたい。(笑)】


この問題は、さきほどご紹介した佐藤九段の詰将棋の
第62問である。

康光流 詰将棋の極意 初段・二段・三段 [文庫] / 佐藤 康光 (著); 成美堂出版 (刊)

康光流 詰将棋の極意 初段・二段・三段 [文庫] / 佐藤 康光 (著); 成美堂出版 (刊)




posted by むとせ at 23:54| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果