ads.txt

2013年02月04日

【極秘】詰将棋の解き方【解答編】56 守備駒の逆用と逃げ道封鎖


今回の問題も、実は、
敵玉の守備駒を逆用することが主題だった。

問題は前回の記事を見てほしい。


初手は2一飛と1一飛が考えられるが、
この問題は前者である。

2手目3二玉に対して2三角と打ち、
守備駒の金を斜めに誘う

これで逃げ道封鎖完了である。


残りの5手は易しいので省略する。


3手詰3級、5手詰初段だとすると、
この問題は三段や四段レベル???

まさかそんなことはあるまい。


そう言えば、昨日のニコニコ生放送で、
昼休みの3手詰の詰将棋は5級レベルだった。

鈴木プロがそう発言していた。

それを観戦していた将棋ファンが、みな驚いていた。

あれで5級なのかと。

随分易しかったからなぁ。

あの反響が普通だろう。


初段の人が「解けなかった」とコメントしていたが、
冗談だろうか?

それとも本気?


それに対して、
昨年の6月に発売された青野プロの詰将棋の本は、
厳しい棋力判定だ。

【というか、こちらが本当だと思うが・・・。】

【ただし、難易度にもよるから比較は難しい。】


1手詰10級、
3手詰5〜9級、
5手詰3〜5級、
7手詰4級〜初段、
9手詰2級〜初段、
11手詰1級〜初段、

となっていた。

ただし、制限時間が色々あって、
その辺りの緻密さが青野プロらしい。


将棋ファン全員に楽しめるから、
下に載せておく。

価格も手頃である。



青野照市のやさしくわかる詰将棋 10級から初段 [単行本] / 青野 照市 (著); 成美堂出...

青野照市のやさしくわかる詰将棋 10級から初段 [単行本] / 青野 照市 (著); 成美堂出版 (刊)



posted by むとせ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 詰将棋の解き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
成長因子発毛効果