ads.txt

2013年04月12日

【再掲】詰将棋の解き方【問題編】57


【追記】


久し振りに再開することにした。

この記事の下部にある
コメント欄とトラックバック欄を見たら、
その数がどちらも4桁になっていた。

折角だからこのコメントを読もうとしたら、
全然開かない。

この数になると、さすがにいたずらとも思えない。

何かの訴えだと思う(笑)。


ひとまず前回の解答から始めたい。

2月4日の記事だから約2ヶ月ぶりになる。

この頃から腰痛や肩こりで苦しんでいたのか。

全く困った体だ。

若い頃使い過ぎた報いか?



青野照市のやさしくわかる詰将棋 10級から初段 [単行本] / 青野 照市 (著); 成美堂出...


上の本の問題67、10分で2級、7手詰。

下の問題も詰将棋としては易しい。


だが、実戦ではどうだろうか?

持ち時間があっても、
将棋初段や二段は詰みを逃しそうだ。

30秒将棋では、
道場三段〜五段もやっちまうかもしれない(笑)。

いや、やっちまう人が続出すると思う。


だから、
だからこそ、
普段の練習での詰将棋が重要なのだ。

多種多様な1〜9手詰の詰将棋をたくさん解くこと。


これは、1万年後も変わらない将棋上達法だよ。

仮にそれまでに将棋必勝法が見つかってもね。

将棋必勝法や将棋必勝戦法が見つかっても、
将棋の終盤が弱ければ将棋は勝てない。










posted by むとせ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 詰将棋の解き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
成長因子発毛効果