ads.txt

2014年09月13日

将棋・内緒 X=西尾明六段 7勝5敗 将棋のプロは、アマに5敗もするのか?



1敗目の将棋はさっき書いた通りです。あの後他の将棋も調べました。

今のところ、2敗目と3敗目の将棋もソフト指し濃厚です。中盤以降に限定しますと、2敗目の将棋は一致率95%程度で、3敗目の将棋は100%一致していました。残りの将棋は、明日以降調べます。


アマチュア将棋ファンにこれほどモラルがありませんと、管理人むとせも相当頭に来ます。今後それなりの手段を考えていきます。

個人的には、将棋倶楽部24の持ち時間を変えることが一番手っ取り早いと思います。将棋ウォーズと重ならない持ち時間ですと、1手15秒将棋や5秒将棋、あるいは切れ負け将棋も良いかもしれません。本当は20秒将棋が一番良いのですが、この持ち時間でもソフト指しができそうです。


ただし、1つだけ良くわかったことがあります。

それは、将棋のプロでも、将棋ソフト激指の四段+〜五段+に対して、早指し将棋では非常に勝ちにくいということです。

管理人むとせも激指三段には早指し将棋で勝ちやすいですが、その上のレベルですと苦労します。これについては、ちょっとだけ嬉しく思いました。

でも、悪意のあるソフト指しには感謝しません。やはり、連中は同じ人間として問題があります。

日本将棋連盟も早急に対策を取るべきです。やり方がまずいと絶対将棋ファンを減らします。すでにその兆候が出ています。


posted by むとせ at 22:29 | TrackBack(0) | 数学関連と「将棋・内緒話」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
成長因子発毛効果