ads.txt

2014年10月09日

将棋有段者への近道 「詰将棋一丁目三番地」 「第26回将棋ペンクラブ大賞」 森信雄プロ


森信雄プロの詰将棋の新刊です。1手詰と3手詰を扱っているそうなので、多くの将棋ファンに相応しい本でしょう。「一丁目三番地」とは、「1手詰」と「3手詰」を意味するのかもしれません。

将棋でなかなか有段者になれない人は、実は、基礎がおろそかになっている場合が多いです。将棋のおける基礎固めは、とても難しいです。何がきっかけで基礎ができるあがるか誰にもわかりません。


要は、いろいろ挑戦してみることです。結局、世の中では、積極的に行動することでしか道は開けません。間違ったり失敗したりすれば、少しだけ反省してまた挑戦すれば良いのです。

人間は、その繰り返しで成長して行きます。将棋上達も全く同じです。


詰将棋一丁目三番地


また、下の本では、「第26回将棋ペンクラブ大賞」を受賞したそうです。将棋の本の新しい分野を開発したことで、高い評価を受けたのでしょう。将棋上達に貢献する本だと思います。

アマゾンには見本の問題もたくさんありますので、是非どうぞ!!アマゾンにおける評価も非常に高いです。


逃れ将棋

逃れ将棋2


posted by むとせ at 18:34 | TrackBack(0) | 新刊のご紹介・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
成長因子発毛効果