ads.txt

2015年09月11日

<重要>将棋の勝率を上げる方法 中段玉と入玉 甲斐智美倉敷藤花 対 伊藤沙恵女流初段 第5期女流王座戦挑戦者決定戦



伊藤沙恵女流初段の後手番での指し方は、常に入玉を意識しているようです。少し前に投稿した相振り飛車の後手番では、見事に入玉を成功させていました。

この将棋の指し方は、一般的なアマチュア将棋ファンでも参考になります。


将棋の受けがある程度うまくなければ、すぐには真似できないかもしれません。それでも、守勢になりやすい後手番では有効な指し方です。

男性プロでも似たような指し方をする人がいますので、見かけましたら棋譜を保存しておくことをお勧めします。


今回の将棋は一番下にあります。


中段玉が、非常に寄せにくくなっています。

こういう広さで勝負する指し方は、相居飛車でも相振り飛車でも応用できます。捕まりにくい中段玉と入玉は、確実に将棋の勝率を上げてくれるはずです。


<投了までの将棋の指し手>



posted by むとせ at 18:54 | TrackBack(0) | 女流王座戦本戦トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
成長因子発毛効果