2017年06月02日

初段合格詰将棋 01 問題編 将棋上達と5手詰 制限時間2分



原田泰夫プロ(故人)の「やさしい詰将棋100題(1975年8月1日発行)」の第19題です。<問題は一番下にあります。>

今から約42年前の本です。将棋の棋力判定は「5分で11級」となっています(笑)。昔はごれぐらい厳しかったのです。今なら5分で将棋初段程度、30秒で将棋二段〜三段ぐらいだと思います。

なお、解説のところには「5手詰にしては難しい方であろう」と書いてあります。


詰将棋が苦手な方は時間を気にせずにどうぞ!

得意な方は制限時間5〜30秒で。


ちなみに、自分は一目(5秒未満)で解けませんでした。
<2年前ならば解けていたはずです。最近詰将棋も実戦も離れているので両方の棋力が落ちてしまいました。>

情けないです。


<解答は後日書きます。>



posted by むとせ at 11:52 | TrackBack(0) | 難問3手詰・5手詰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック