ads.txt

2018年03月27日

将棋有段一発棋力判定次の一手00



将棋有段一発棋力判定次の一手(仮)というものを思案中です。

1回の出題を4問程度にし、将棋初段、二段、三段、四段を判定できるようにします。

問題の準備が大変なので開始時期は少し先になります。

詰将棋よりは正確な棋力判定ができるはずです。


今のところ4〜8回の出題を考えています。
合計8〜16問ということになりますが、
4問1セットで棋力判定できます。


なお、棋力判定に関しては、
あくまでも独断と偏見で行いますので、
あらかじめご了承下さい。




ラベル:次の一手
posted by むとせ at 23:17| 将棋有段になる次の一手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果