ads.txt

2018年08月23日

将棋王位戦第4局の棋譜と意見・感想 菅井竜也王位対豊島将之棋聖 居飛車穴熊模様対四間飛車(石田流三間飛車) 201808220823




今回の将棋王位戦第4局の生放送は全く観ていません。

ですから、将棋のプロの意見・感想を聞いていませんので、完全な個人的見解です。


この将棋は序盤でほぼ結果が決まっていた気がします。

菅井竜也王位は、後手番にも関わらず四間飛車を三間飛車に振り直し、なおかつ端に2手かけました。

これが最悪の展開を呼び起こしました。


まず、先手の仕掛けが成立してしまいました。

どこかで先手が9八香と上がっていれば、
この仕掛けはなかったかもしれません。

つまり、後手の端歩9五歩を見事に咎められたのです。

後手番における「四間飛車→石田流三間飛車+9五歩」の
バランス
がとても悪いと言えます。


そして、最後の終盤では、
この9五歩がさらに罪となります。

投了図以下9二玉、9四馬の寄せが生じています。

9五歩を突いてさえいなければこの寄せがないのです。


我々振り飛車党には勉強になる将棋だったと思います。

似たような負け方をしないようにしなければなりません。



<投了までの将棋の指し手>





posted by むとせ at 20:07| 将棋・王位戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果