2014年06月01日

将棋が強くなる実戦詰将棋 <最後の3桂がかっこいいです!!> 「飯塚祐紀七段 対 塚田泰明九段 第64回 NHK杯テレビ将棋トーナメント」より



下の局面は、89手目4一角に後手が同玉と取ったところです。この局面で詰みがあるかどうか、さっきの感想戦で話していましたが、将棋ソフト激指は1秒で詰ましました(笑)。以下31手詰、合計33手詰のようです。解答付きです。

こういう詰将棋は並べるだけでも学習効果があるものです。もちろん、一手一手考えた方が良いのですが、この猛暑です。無理はやめておきましょう。

では、しばらくの間おさらばです。今から避暑地(?)へ避難します。さすがに33〜35℃は危険過ぎます。冷房をつける予定はありません。


90手目4一同玉まで



詰みの一例
<最後の3桂がかっこいいです!!>