2012年05月27日

【ここだけの話】【本当に将棋初段以上になりたいの?】


アマゾンのレビューは、今までに数千回は読んでいる。

それらを読むと、読者の知的水準の違いに驚かされる。


表現力は仕方がない。

これは、むとせも苦手だから理解できる。


だが、分析力の低さと本を熟読していない人のレビューには、
本当にがっかりする。

これではまともな著者も大迷惑しているはずだ。



下の本も例外ではない。

むとせも数回読んだが、決して平凡な本ではない。

もちろん、悪書でもない。


隅々まで読めば、初段を目指す人どころか、
三段〜五段を目指す人にも参考になる。



ここだけの話だが、頭が悪い人や軽率な人は、
目の付け所が大変悪い。

本当はとても良いことを書いているのだが気がつかない人、
あるいは表面だけ読んですぐに役に立たないと決め付けて
しまう人。

こういう人は何を読んでも将棋は決して強くはならない。


要するに、読者のアンテナの性能が悪ければ、
何をやっても得るものが少ない訳だ。



すでに将棋初段以上の人も、今初段を目指している人も
未読なら是非熟読してほしい。

1〜3個でも得るものがあれば、それで大成功なのだ。

本を読んで10も20も何かを得ようと思ってはいけない。

そういう本はむしろ少ないかもしれない。

特に、上達法の本に関してはそういう傾向がある。



初段になるための将棋勉強法 [単行本(ソフトカバー)] / 浦野 真彦 (著); 白夜書房 (刊)

初段になるための将棋勉強法 [単行本(ソフトカバー)] / 浦野 真彦 (著); 白夜書房 (刊)

posted by むとせ at 15:00| 6ヶ月で将棋初段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

将棋・初段〜五段への近道:3 24の三段以上になるには?



将棋世界2005年12月号初段・二段・三段コース
第1問より出題である。

24の三段以上になりたかったら、こういう問題を一目で
解けるようにすることだ。

その程度だよ。

対局を見ていればわかる。


何回も書くが、24の三段=激指2級としての話だ。


ヒントは、「一閃」となっている。

「なんのこっちゃ?」と思った読者もいるだろうが、
それしか書いていないのだ。



こういう問題は、一目で解けるからこそ意味がある。

別に30秒以上かかってもいいのだが・・・。

いずれはヒントなしで一目で解けるようになって
いただきたい。








posted by むとせ at 22:36| 6ヶ月で将棋初段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【将棋上達】最速で強くなりたい人は?



最速で強くなりたい人は、「待った」をしながら、
60秒将棋を指してみよう。

相手は、自分より確実に弱い相手である。


例えば、激指6級や4級、2級である。

一応の目安として、激指2級=24三段である。

数十局観戦したが、24のレベルはそれほど高くはない。

○チャンネルの情報は、間違いなかった。


ちなみに、激指6〜2級=24六段も多数いる。

証拠の棋譜は、たくさん手に入れた。

嘘ではない。

その棋譜を数局載せても良いのだが、それが読者の
棋譜だと困るので躊躇している。



本当は、「待った」をしない方が良い。

だが、対局中、本筋とは異なる試してみたい指し手が
必ず出てくる。

そういう時は、待ったをしながら何通りか試験的に
指しても良いと思う。


判断は、各自行っていただきたい。






posted by むとせ at 18:19| 6ヶ月で将棋初段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

【最短で将棋初段を目指すなら・・・】



まずは、下の3冊を仕上げることである。

ここがすべての基本である。

これもできずに初段になっても、先が見えている。


つべこべ言わず仕上げることだ。

口より行動が先。

こういう人が世の中では成功する。



上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3)) [単行本] / 羽生 善治 (著); 浅...

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3)) [単行本] / 羽生 善治 (著); 浅川書房 (刊)


寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス) [単行本] / 金子 タカシ (著); 浅川...

寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス) [単行本] / 金子 タカシ (著); 浅川書房 (刊)


7手詰ハンドブック [単行本] / 浦野 真彦 (著); 浅川書房 (刊)

7手詰ハンドブック [単行本] / 浦野 真彦 (著); 浅川書房 (刊)


posted by むとせ at 12:30| 6ヶ月で将棋初段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

【最重要】5手詰で将棋初段〜三段を目指すなら・・・。



5手詰ハンドブック [単行本] / 浦野 真彦 (著); 日本将棋連盟 (刊)


この本は、5手詰としては標準的な問題と少し難しい
問題を扱っていた。

難問はほとんどなかった。


だから、いずれどれも30秒で解けるようになれば、
将棋初段〜三段の基礎体力が身に付く良書だった。

どれも一目で解けるようになれば、四段以上の
基礎体力は身に付く。


どうも増刷はないようなので、今のうちに確保して
いただきたい。


なお、3手詰ハンドブックは増刷されたが、大幅に
問題が変更されてしまったようだ。

7割ぐらい差し替えて易しくなったと、
どこかのサイトに書かれてあった。


もしこの本も中身を差し替えて再販されるなら、
全く意味がない。

この問題だからこそ、価値があるのだ。


初段前の人も、今初段〜三段の人も是非挑戦してほしい。

そして、重宝していただきたい。


近年稀に見る名著だからだ。



5手詰ハンドブック [単行本] / 浦野 真彦 (著); 日本将棋連盟 (刊)




posted by むとせ at 09:40| 6ヶ月で将棋初段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果