2013年08月08日

本物の将棋四段・五段を目指して:01 正解率25% 次の一手六段=本物の将棋四段



どれほどニーズがあるかわかりませんが、
ひとまず投稿を開始します。

試験投稿を兼ねていますので、
最初の2〜4回で中断することもありえます。


今回はまず将棋世界からある問題を出題します。

下の局面は、
「将棋世界2013年7月号四・五・六段コース」
の第1問です。

後手が5二玉と指したところです。

先手の最善手を考えてみましょう。


制限時間は1ヶ月です。

もちろん、
5分で解けても30秒で解けてもいいのですが、
どういう解答にせよしっかり読み切るようにしましょう。


なお、管理人むとせは、
昔六段コースを卒業しています。

六段コースが単独にあった頃の話です。


急いでいる人は、下の3冊をお勧めします。

「将棋世界BOOKS 四段コース問題集」ならば、
本物の将棋道場二段の力があれば解けるはずです。


ちなみに、管理人は、六段コースを卒業するウン十年前に将棋道場五段だったのですが、このコースを卒業して少し経ってから、本物の将棋四段になった気がしました。

<昔は県大会で優勝すると、
 将棋四段の免状を頂けました。>


実際のところはわかりませんが、当時から
【次の一手六段=本物の将棋四段】
ぐらいがちょうど良いのではないかと考えていました。

つまり、次の一手段位から二段分引く訳です。

次の一手五段ならば将棋三段です。


これぐらいならば、多少実戦が不足していても、
それ程恥ずかしくはない段位設定だと思います。

次回ヒントと考え方を載せます。


後手5二玉まで(正解率25%)




将棋世界BOOKS 四段コース問題集 [単行本(ソフトカバー)] / 将棋世界 (編集); 毎...

将棋世界BOOKS 五段コース問題集 [単行本(ソフトカバー)] / 将棋世界 (編集); 毎...

挑戦!! 次の一手難問集 [単行本(ソフトカバー)] / 羽生 善治 (監修); 毎日コミュニ...


posted by むとせ at 21:58| 将棋3〜5段を目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

本物の将棋四段・五段を目指して:00


ブログ開始当初の目的に戻って、
タイトルのような記事を書こうと考えています。

アクセスが多ければ投稿を開始します。

posted by むとせ at 09:21| 将棋3〜5段を目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

将棋四〜六段の資格:04


後手6三金まで




前回の続きである。

上の局面を見たら、
あることを瞬間に察知しなければならない。

それができなければ、
将棋有段者の資格がなくなる。


それは、先手玉が、
今は詰まないということだ。

仮に上の局面が後手番の場合、
3七歩成とされても絶対に先手玉は詰まない。

それを、「読まなくてもわかる」
ということも将棋の実力の一つだ。


これを瞬間に見切った上で、
先手はどう指すべきか?


後手玉は8二銀の壁銀のため、大変寄せやすい。

そうすると、ある手が浮かんでくる。

それが、5三角成だ。


これを短時間、できれば5〜15秒程度で発見できれば、
将棋四段以上の資格がある。

もちろん、実戦での話である。

今回は、次の一手で出題されたなら、
将棋初〜二段でも短時間で発見できる可能性のある
易しい問題を扱った。



反応が良ければ、あるいは
何か良い局面が見つかれば、
【将棋四〜六段の資格:05】以降も書きたい。



posted by むとせ at 20:48| 将棋3〜5段を目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

【重要・将棋】ここまで読めれば将棋初〜五段:後編 羽生善治の終盤術Aより



羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21) [単行本] / 羽生 善治 ...


前回の続きである。

あまりにも有名なので、
ほとんどの読者は上の本を持っていると思う。

重要だから何回も書くが、
このシリーズは第3巻と第2巻を最初に仕上げた方が良い。

ある程度問題を解けるようになったら、
各例題の最初の設問のみを考えるようにした方が
上のステップに行きやすい。

それは説明しなくてもわかることだろう。


前回の問題の解答は、
下の通り11手前後読むことになる。

たった11手だが、
実戦ではこれが頗る大変なのだ。

だから、最初はできる限り簡単な問題で
指し手を読めるようにするべきだ。


その候補として、この本を例に挙げている。

解説は本に詳しく書かれているので、
ここでは省略する。


まぁ、この局面で11手前後読めれば、
立派な将棋高段者である。

少なくとも将棋三段はある。

もっと複雑な局面になれば、
7手程度でも最低将棋三段はある。


複雑な局面でこれなのだ。

だからこそ、局面の狭い詰将棋などでは、
最低15手程度は読めるようにならないと、
将棋四〜五段の道は果てしなく遠い。



なお、ここでは9手詰もまともに解けない
インチキ将棋四〜五段を除くよ(笑)。









ラベル:羽生善治
posted by むとせ at 19:46| 将棋3〜5段を目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

【重要・将棋】ここまで読めれば将棋初〜五段:前編 羽生善治の終盤術Aより



羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21) [単行本] / 羽生 善治 ...


上の本の第6例第1図(P14)より出題。

問題では3手先まで読めと書いてある。


初手がわかれば、
3〜1級、

3手先まで正確に読めれば、
初〜二段、

ある程度結論が出るまで読めれば、
四〜五段だと思う。



多少甘めだが最後まで勝ちを読み切れば、
最低将棋三段はある。

間違いない。

持ち時間は、無制限である。



なお、多くの読者がこの本を持っているはずだ。

【あまりにも有名な本だからねわーい(嬉しい顔)。】


だが、正確に9〜11手先、あるいは13手先以上
読んでいる人は、意外と少ないはずだ。

この本の難易度を上げたかったら、
各例の最初の問題だけをじっくり考えることだ。

ある程度最後まで読み切れるのであれば、
もうすでにその人の将棋の棋力はとても高い。



後手2五桂まで




posted by むとせ at 22:03| 将棋3〜5段を目指す人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果