2010年11月24日

将棋が上達する方法21【修正・追加】


修正・追加しました。

詳細は、コチラです。

2010年10月09日

将棋が上達する方法40

駒の連結を壊す。


強いパソコンソフトと戦うと、見事に駒組みがバラバラにされてしまいます。

また、大量の「次の一手」の序盤・中盤の問題を解いていると、離れゴマ関連の問題が多いことに気が付きます。


つまり、将棋が強い人は、自陣の駒の連結が強く相手の駒の連結を上手に壊す人です。

常にこのことを意識していると、指し手に困った時に役立ちます。


将棋の格言にありますよね。

「離れゴマに手あり。」


ということは、離れゴマを作ると何か技がかかりやすくなり、勝ちやすくなるということです。
posted by むとせ at 11:33| 将棋が上達する方法21〜40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋が上達する方法39

たくさん負けると強くなる。


人間不思議なもので、勝った将棋より負けた将棋の方が覚えているものです。

どうもやられた形は印象深く脳にこびりついているようなのです。


パソコン将棋ソフト、特に「東大将棋6」に出会ってから、ある部分が強くなりました。

それは、終盤の王様の危険度を把握する力です。


東大将棋6」と対戦して、自分の感覚では「この形は詰まないな。」「まだ寄せられないな。」と判断しても、見事にやられてしまうことが度々ありました。

この経験を多く積むことにより、自玉の危険度を認識する力が飛躍的にアップしたのです。


早めに自玉に手を入れることにより、東大将棋が攻めてきても逃げられることが多くなったわけです。つまり、受けが強くなったことがわかります。

将棋が強い人は受けが強いです。

「受け」を学ぶための本は少ないので、実戦経験を数多く積むしかないと思います。


強くなりたかったら実戦でたくさん負けることです。

悔しいですが、勝てるようになるまでたくさん負けて下さい。
posted by むとせ at 09:13| 将棋が上達する方法21〜40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする