2018年05月28日

将棋有段棋力一発判定次の一手01 4問  将棋世界第250回昇段コースより出題 解答は追記にあります。



将棋世界の昇段コースは良問揃いなので、
それらの中から選りすぐりの問題を出題します。

解答は今日(2018年5月13日)から
2週間後を予定しています。

なお、正解率は、
将棋世界が解答発表時に出した数字です。


棋力判定に関しては独断と偏見がありますので、
参考程度にして下さい。

<棋力判定の目安>
*かなり甘いかもしれません。本当は下の制限時間の5分の1程度にしたかったのですが、敢えてその数倍にしました。
2分で4問正解の場合:将棋四段以上
4分で4問正解の場合:将棋三段以上
8分で4問正解の場合:将棋二段以上
8分で3問正解の場合:将棋初段以上



将棋世界第250回第1問 後手7六歩まで 正解率82%



将棋世界第250回第2問 後手3二飛 正解率88%



将棋世界第250回第3問 後手6五角 正解率84%



将棋世界第250回第4問 後手1七桂成 正解率82%


続きを読む
posted by むとせ at 18:00| 将棋上達次の一手とお勧め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

<再掲>将棋上達次の一手:藤井聡太プロ編 解答1 「畠山鎮七段」対「藤井聡太六段」 第66期王座戦二次予選



前回の「将棋上達次の一手:藤井聡太プロ編 問題1」の解答例です。

変化はいろいろあるでしょうが、その内の2例を載せます。


普段から詰将棋を解いている人や将棋の終盤が強い人は、一目で解けるはずです。

<解答例:変化1>


<解答例:変化2>

posted by むとせ at 23:18| 将棋上達次の一手とお勧め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

将棋上達次の一手:藤井聡太プロ編 問題1 「畠山鎮七段」対「藤井聡太六段」 第66期王座戦二次予選




実際の将棋は後手7九銀で投了しました。その局面での後手の勝ち方がわからないという人がいましたので出題します。

後手7九銀に対して先手が9八銀とした場合、後手はどう指すのでしょうか?

将棋有段者は一目、人睨みで解きましょう。


<<<解答は次回です。>>>




続きを読む
posted by むとせ at 21:56| 将棋上達次の一手とお勧め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

将棋必勝法? 攻めて楽しい 痛快!先手中飛車(将棋世界2018年2月号付録)




将棋戦法の先手中飛車は、数年前プロでも勝率9割を超えていたことがありました。それに関しては以前当ブログでも取り上げました。

アマチュアならば、研究の深く広い方や研究値の高い方が、圧倒的に有利です。

得意戦法がない方や今の得意戦法で勝率が悪い方には、先手中飛車はお勧めの将棋戦法です。


昨夜、下の本の39問を解きました。1手5秒で解きましたら数問間違えました。いつものことです。

アマゾンのレビューにあるように、対象者は2級〜初段かもしれません。しかし、将棋ソフトと併用すれば将棋三段以上の研究もできます。

<<<120円>>>
攻めて楽しい 痛快!先手中飛車(将棋世界2018年2月号付録) -
攻めて楽しい 痛快!先手中飛車(将棋世界2018年2月号付録) -


将棋世界2018年2月号には中飛車特集がありました。付録だけで120円ですからこちらの方が得でしょう。ただし、上下ともに「Kindle版」です。

本の方はすでに売り切れています。

<<<700円>>>
将棋世界 2018年2月号(付録セット) [雑誌] -
将棋世界 2018年2月号(付録セット) [雑誌] -


posted by むとせ at 16:18| 将棋上達次の一手とお勧め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

将棋 初段〜四段合格の次の一手 02 中編  これがわかれば強いぞ! 名人戦や藤井聡太四段の将棋 



今日から名人戦や藤井聡太四段の将棋が続きます。多忙で忘れそうなので、「後編」の前に「中編」を簡単に書いておきます。

<<<問題再掲:3通りの勝ち方は?>>>



前回の解答は以下の3通りです。
<他の指し手でも将棋は勝てますが、最短手順ならば3通りでしょう。>


1.3一銀(3一角)
・実戦は3一銀でした。これで必至がかかり受けがありません。3一角でも同じです。

2.2二飛成
・これで即詰みです。多くの方が気がついたはずです。解けなかった方は次回まで読み切りましょう。

3.2一角成
・実はこれでも詰みです。将棋ソフト激指4の四段はこの手を指摘しません。弱いです(笑)。


これら3通りを自分の将棋実戦で指したり将棋倶楽部24の観戦中に気がついたりする方は、将棋が強いです。将棋初段や将棋二段では2割未満の人しかわからないと思います。


次回棋力判定を書きます。あくまでも個人的な見解で独断と偏見があるかもしれません。


posted by むとせ at 15:09 | TrackBack(0) | 将棋上達次の一手とお勧め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果