2010年12月04日

将棋が上達する方法81


悪手探しをする


将棋上達に疑問手探し、悪手探しは欠かせません。

棋譜は何でも良いのですが、できれば「激指」で棋力を設定して「激指」同士で対戦させたものがいいでしょう。時間も節約できて一番安上がりだと思います。


私の場合、疲れている時には「激指4段」同士で対戦させて、それを観戦します。

今朝もどちらも振り飛車に設定して対戦させたところ、持ち時間を無制限にしても合計4分27秒で対戦が終了しました。


「激指」同士で対戦させると棋力が少し落ちるかもしれませんが、その場合棋力を高めにすれば問題ないでしょう。


例えば、将棋2級の人は次のようにやります。

@激指の先手・後手の棋力を「初段」に設定する。

A先手・後手の戦法を指定する。
・ふつうは、居飛車、振飛車など。中飛車・四間飛車でも可。

B持ち時間を設定し観戦する。
・持ち時間は無制限がいいと思いますが、パソコンの性能も考慮しましょう。
・対戦中、悪手を探します。

C対戦終了後、激指の悪手と思われるところで、ヒント機能を使います。
・その手が悪手の場合、ヒント機能の方がさらに良い手を見つける場合が多いです。
・必ずしもヒント機能が正しいとは限りません。気になる場合は、その対戦を保存しその局面から片方を持って試しに指してみましょう。

D対戦を保存する時、保存名に最初の悪手と思われる手数も書いておく。
・例えば、「居飛車対中飛車、先手81手目は悪手、最善手は5五歩」など。
・仮に間違っていても全く問題ありません。棋力が上がるほど解答は変わるかもしれませんが、将棋は自分の頭で考える人ほど上達します。自分なりの答えを出す。これが一番大切です。学校の勉強のように答えが1つとは限らない、答えがでるとは限らないのが将棋です。


まとめ

将棋2級の人が激指初段の悪手を見つけられるということは、いずれ激指初段に勝てるようになる可能性、近い将来上達する可能性があるということです。

自分の可能性を知る上でも、楽しめる上達方法だと思います。


タグ:上達 激指
posted by むとせ at 10:41| 将棋が上達する方法61〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

将棋が強くなる方法80 東大式を私なりにアレンジしました。


3秒将棋をやる


10秒将棋を頻繁にやっていると、30秒将棋も長く感じます。

それと同様に、3秒将棋をやると10秒将棋も長く感じます。


やり方はこうです。

自分が指した時に「0(ゼロ)」と言って、相手に手を渡します。

そのまま、「1、2、3」と数えます。

その3秒以内に相手が指さないと、あなたの勝ちです。

逆の場合、負けになります。


こういう時間の短い将棋を練習すると、集中力が増し、手が良く見えるようになります。ただし、頻繁にやると逆効果になるときもありますので、注意して下さい。

10秒将棋を200局ぐらいやると、効果は手に取るようにわかります。

短期集中(1〜2週間)でやるべきで、最初は自分より弱い相手(もちろんPCソフト)でやりましょう。ある程度勝ち癖が付いてから、少しずつレベルアップすると良いでしょう。


くれぐれも長期間やってはいけません。
じっくり手を読む訓練は、もっと重要であることを忘れないで下さい。

posted by むとせ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋が上達する方法61〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする