2011年08月27日

将棋の上達:まとめ 20110827


当ブログの上達法を簡単にまとめるとこうなる。


@まず、終盤だけ手っ取り早くアマ高段になる。

中盤は、例の仕掛けの本などを重視する。
【安い本はすでに売り切れたが・・・。】

序盤は、自分の土俵で戦える変化の少ない戦法を選ぶ。
【できれば持久戦にする。】


A次に、実戦練習には、「待った将棋」と「駒落ち将棋」
を取り入れる。

ソフト対戦を重視し、待った1回は負け1回とする。

その際、「感想戦」や「反省将棋」、「激指の解析」を
忘れない。


B最後に、時間に余裕のある人は、「棋譜並べ」をやり、
ない人は、「次の一手」の問題を解く。


以上だが、時々修正・追加・削除等があるかもしれない。

考えは日々変わるものだ。

大体、以前書いたものは、徐々に記憶が怪しくなってきた。





posted by むとせ at 12:48| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

ある読者(Aさん)からの質問です。(むとせの解答)

さっきの質問

「詰将棋と寄せを同時にやるのと片方だけに絞るのは、
どちらが良いと考えますか?」


むとせの考え

寄せを一括りでまとめることは、大変難しいです。

寄せの語源は、おそらく「王様を少しずつ隅へ寄せていく」、
つまり、「敵の王様を捕まえて牢屋(城の隅)へ入れ、
死に追い込む。」ということだと思います。

将棋の寄せは、中盤終了後終盤に入り、王を詰ます最終盤まで
の長い間を意味します。

この寄せには、詰みや必至だけではない、
それ以外の多くの技術を要します。


Aさんのおっしゃる寄せは多分、ご本人が購入された
「寄せの手筋200」や「寄せが見える本(基礎編)」の
「寄せ」を意味しているのだと想像できます。

これらは、上記の最終盤に属する技術です。


【Aさんが購入した本】

寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1)) [単行本] / 森 けい二...

寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス) [単行本] / 金子 タカシ (著); 浅川...

寄せが見える本〈応用編〉 [単行本] / 森 けい二 (著); 浅川書房 (刊)


もしそうでしたら、楽しく解ける場合のみ、
ほぼ1:1の割り合いで構わないと思います。

しかし、どうも「寄せ」の方はしんどいなぁ、
と思ったら、一桁の詰将棋に絞って下さい。

まだ、その段階に来ていません。


また、必至(必死)問題の本は、
大変選び方が難しいので要注意です。

1手必至は、1手詰と比べ物にならないほど
難しいです。


確か内藤九段だった思いますが、彼の著書の中で、
「1手必至は、9手詰より難しい時がある。
場合によっては、20手以上の詰将棋より難しい。」
というようなことを書いています。

私も、全く同感です。

私も、一目で解けない一手必至は結構あります。



最後に、私が考えているような「寄せ」は、
例を挙げると次の2冊が見本になります。

次の一手「寄せ」 (実力養成100問) [新書] / 勝浦 修 (著); 創元社 (刊)

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21) [単行本] / 羽生 善治 (著);...


私は、2冊とも9割以上理解できました。

【本当に理解できるようになったのは、
激指6段+++との併用のおかげです。】


しかし、実戦でこれらの技術を使えるかと言うと、
まず無理です。

レベルが高すぎます。


推定で、2〜3割しか使えていないはずです。
(どんなに高くても半分ぐらい)

予想では、アマ6段以上、あるいは、奨励会の初段以上、
もしくはそれに近いレベルの人しか、使えないのでは
ないかと考えています。


知識として「知っていること」と実戦で「使えること」は、
全く意味が異なります。

その典型的な例と言えます。


前述の本は2冊とも名著ですが、それらをやる前に、
下の本をやるべきです。

こちらは、私でもそれなりに技術を使えています。


羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21) [単行本] / 羽生 善治 ...

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21) [単行本] / 羽生 善治 (著); ...



以上ですが、さらに追加の質問はいつでもどうぞ。

ただし、いつも迅速に解答できるとは限りませんし、
あくまでも参考程度にして下さい。


人には色々な考え方があります。

それらを取捨選択していくのは、Aさん自身です。


私の考え方も絶対的なものではありませんし、
時々、考えを変えることがあります。

それらをご理解の上、ブログやHPをご覧下さい。


posted by むとせ at 18:20| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある読者からの質問です。

【あちらのブログへの質問ですが、皆さんにも
大変関係があるのでこちらにも載せました。】


ある読者から、下のような質問がありました。

その読者には、個人的にお答えしましたが、
皆さんはどう考えるでしょうか?

あとで詳細に書きますので、
皆さんもしばらく考えてみましょう。


「詰将棋と寄せを同時にやるのと片方だけに絞るのは、
どちらが良いと考えますか?」
posted by むとせ at 11:02| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

とてつもなく多忙な人の将棋上達法:最初で最後


以前書いたことのある、米長流将棋上達法です。


今の日本将棋連盟の米長会長は、学生時代、
授業中教師の顔を見ながら、ある局面を脳内将棋盤で
考えていたそうです。

まぁ、要するに、次の一手をやっていたわけです。

もちろん、詰将棋なども解いていたと思いますが・・・。


忙しい人は忙しいなりに、学習方法は見つかるものです。

でも、色々探しても、
これが一番ではないでしょうか?


次の一手の問題は、1番お勧めは、中・終盤型の問題、
2番目は、得意戦法の気になる局面でしょう。



もし脳に9×9の脳内将棋盤を作れなければ、
この間説明した4×4の詰将棋から始めればいいでしょう。


・・・・・











あっ、そうそう、書くの忘れてた。

米長会長、年賀状ありがとう。(遅っ!!!)

そのうち、平手でやっつけてあげますよ。








posted by むとせ at 14:22| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋で強くなることは、簡単だA

プレッシャーをかける

人間は、意志の弱い生き物だ。

目標や計画を立てても、
それを継続的に実行することは容易ではない。

一度崩れた目標や計画を取り戻すことは、
かなり難しい。


私も、1人の人間である。

やはり多忙になると、
予定の狂うことが若い頃よくあった。


そんな私が、計画を遂行させるために使った方法が、
自分自身にプレッシャーをかける方法だった。

私が使った方法は、これである。


当時私は機会があるたびに、頻繁に本屋に通っていた。

そして、自分の気に入った将棋の本を、
自分の熟読できる能力以上にまとめ買いをした。

つまり、これらの本で、自分自身に圧力をかけたのだ。


これだけお金をかけたのだから、
必ずやらなければならないと・・・。


ひとそれぞれやり方はあると思う。

私の場合は、このやり方が合っていた。

幸い購入した本の多くが高騰しているので、
実力を付けた分以上に得をした気分だ。


皆さんも自分にプレッシャーをかけていただきたい。

自分流のやり方で。




posted by むとせ at 13:33| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果