ads.txt

2011年08月09日

【アンケート:40歳未満はアクセスしないで下さい。】40歳からの将棋上達法:000 


ここの読者の年齢層を知りたいので、
試しにこの記事タイトルで書いてみた。

具体的に何か案があるわけではない。


アクセスが多かったら、ネタを考えたい。

そういえば昔、40歳を過ぎてから将棋を覚えて、
アマ名人になった人がいた。

大阪の人である。

確か、Oさんだったはずだ。

記憶があいまいなので、頭文字だけにした。


今の時代は、将棋の環境は素晴らしい。

この環境下では、50歳過ぎてからも上達する人は、
大勢いるだろう。

この間、囲碁界(アマ)でもすごい人が現れた。


自分もまだまだかな???



posted by むとせ at 01:52| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

むとせ(六年)流将棋上達法:001 飲み会、上司、会議、葬式、運転、エトセトラ。

社会人は、忙しい。

そんな中で時間を見つけて、
将棋の実力アップをしなければならない。


今回私が提案する方法は、4×4の詰将棋を、
脳内将棋盤で解く方法である。

以前少しだけ触れたことがある。


具体的に書くと、まず下図のような詰将棋を
頭で覚える。

もちろん、これは易しいので、実際はもっと難しい問題や、
5×5以上の詰将棋を選んでいただきたい。

(最初は、慣れるまで易しい方がいいかもしれない。)


覚えたら、記事タイトルのような細かい時間を使って、
解くのである。

飲み会、上司の付き合い、くだらない会議の時間、
葬式や結婚式、運転中など、いろいろ時間はあると思う。

それらを有効に活用する上達法である。

【トラブルがあっても、自己責任でお願いしたい。(笑)】


この問題は、さきほどご紹介した佐藤九段の詰将棋の
第62問である。

康光流 詰将棋の極意 初段・二段・三段 [文庫] / 佐藤 康光 (著); 成美堂出版 (刊)

康光流 詰将棋の極意 初段・二段・三段 [文庫] / 佐藤 康光 (著); 成美堂出版 (刊)




posted by むとせ at 23:54| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

あまり売れていないらしい。だが、ここにこそ、上達のヒントが隠れているのだ。


下の本(7手詰ハンドブック)、
私の予想以上に人気がないようだ(推定)。

例の「3〜5手詰ハンドブック」に比べると、
圧倒的にレビューが少ないのだ。


今日の時点で、レビュー件数は以下の通りである。

浦野 真彦プロ著
3手詰ハンドブック(1)・・・12件
3手詰ハンドブック(2)・・・ 1件
5手詰ハンドブック(1)・・・14件
5手詰ハンドブック(2)・・・ 7件
7手詰ハンドブック   ・・・ 1件


これが何を物語っているか、
容易におわかりいただけることと思う。

要するに、大多数の人間が、ここで躓(つまず)くのである。


30年以上昔は、9手詰を時間をかけても解ければ、
初段と言われた。

そして、7手詰なら2級レベルだった。


ところが、最近は3〜5手詰でも時間をかけて解ければ、
初段というプロまで出てきた。

これが、段のインフレを起こしている。


このことが、「7手詰」への挑戦者を減らしているとは、
到底思えない。

やはり、大部分の人が、ここまで到達できないのだ。


ということは、このレベルを乗り切れば、
その他大勢から抜け出し、1ランクも2ランクもレベル
アップができるということである。


挑戦するかしないかは、あなた次第である。

あとになって自分の人生を後悔しないように、
自分自身で決めていただきたい。


ちなみに、

「7手詰」を瞬間詰将棋で解けるようになると、
三段の基礎体力

「9手詰」を瞬間詰将棋で解けるようになると、
四段の基礎体力

が、身に付いたと言える。


これについては、何度も書いてきた。

私は訂正するつもりはないし、
プロも異論はないと思う。

(まぁ、もしかすると、
厳しいというプロもいるかもしれないが、・・・。)


7手詰ハンドブック [単行本] / 浦野 真彦 (著); 浅川書房 (刊)

7手詰ハンドブック [単行本] / 浦野 真彦 (著); 浅川書房 (刊)


7手詰将棋 (将棋パワーアップシリーズ) [単行本(ソフトカバー)] / 高橋道雄 (著); ...

7手詰将棋 (将棋パワーアップシリーズ) [単行本(ソフトカバー)] / 高橋道雄 (著); 創元社 (刊)

posted by むとせ at 18:51| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋で上達するためには、ワーキングメモリが必要だ!!(超極秘)・・・24時間以内に削除するかも。

(超極秘)


最強の英語上達法 (PHP新書) [新書] / 岡本 浩一 (著); PHP研究所 (刊)

最強の英語上達法 (PHP新書) [新書] / 岡本 浩一 (著); PHP研究所 (刊)


私が長い間言いたかったことを、
見事に書いている本を見つけた。

それが、上の本だ。


この本によると、ワーキングメモリを大きくすると、
すべての物事で上達が有利になるということがわかる。

私は若い頃に、このワーキングメモリを、
無意識に大きくする訓練をしていた。

おそらく、私は、普通の人の最低2〜3倍の
ワーキングメモリがある。

だから、短期間で強くなれたのだと、先週確信した。

プロは、アマの5〜10倍以上あるのではなかろうか?


興味のある人には、上記の本の熟読をお薦めする。

特に、P78〜とP138〜が、重要である。



余談だが、上達方法を追求しようと思ったら、
分野にこだわってはいけない。

今回は、英語の上達方法からヒントを得た。

どこの世界のプロも、そして一流の人も、
別の分野から上達のヒントを得るものだ。

強くなろうと思ったら、
どこからでもヒントを得るようにしたいものだ。


・・・・・


下の本は、同じ著者の有名な本である。

当ブログでも数回ご紹介している。

ここの読者も、よく購入しているようだ。


熟読すれば頭も良くなるから、できるだけ若いうちに、
愛読書にした方がいいだろう。



上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書) [新書] / 岡本 浩一 (著); PH...

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書) [新書] / 岡本 浩一 (著); PHP研究所 (刊)

posted by むとせ at 13:25| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

将棋の本を読んでも強くならない人の共通点



それは、実戦で使おうという意識が足りないことだ。

対策は、簡単だ。


ひとまず、【終盤】に限定して話を進める。


例えば、今実力初段の人なら、激指7〜5級相手と対戦する。

まず、油断していないならほぼ負けないと思う。


問題は、勝ち方だ。

終盤になったら、敢えて【待った】をして、
いろいろな【寄せ】で勝ってみる

もちろん、本で学んだ知識を使って、である。


例えば、先程の「一間龍」を使えないかと考え、
その形に持っていくのだ。

その繰り返しが、あなたを間違いなく強くする。

そして、本を読んだ成果も、必ず出てくる。


実戦で使うことだ。

そうすれば、その技術が容易に自分のものになるし、
そう簡単に忘れないものだ。




今の人は、ホント恵まれているね。

将棋ソフトがあるからなぁ。

昔はなかったのよ、こういう便利なものが。


ソフトを買っても強くならない人は、必ず出てくる。

でも、要は、使い方でしょ。

知恵を絞って、効率的な学習方法を追求すれば、
良い案が出てくる。

そして、それが実力アップにつながる。


うまく使えば、必ず強くなる。

そう確信している、
六年 寝太郎(羽生 浩司)だ。



・・・・・・・・・・・・・


そういえば、私に連絡してくる人は、皆、
私のことを六年(むとせ)さんと言ってくる。

さすがに、羽生さんとは言いにくいか???


この六年(むとせ)は、私の愛読書「土佐日記」に出てくる。

土佐日記、なぜか好きだ。

理由は、全くわからん。



そこからの抜粋。


「五年(いつとせ)六年(むとせ)のうちに千年(ちとせ)や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。」


土佐日記(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス) [文庫] / 紀 貫之 (著)...

文法全解土佐日記―2色版 (古典解釈シリーズ) [単行本] / 丸尾 芳男 (著); 旺文社 (刊)

posted by むとせ at 14:21| 将棋が上達する方法:まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果