ads.txt

2011年02月12日

銀の手筋03


アマ強豪の実戦です。
もちろん、下の本からの抜粋です。

後手の2四歩は、おかしいですね。
3八飛で先手がいいです。





ラベル:手筋
posted by むとせ at 23:20| 手筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

銀の手筋02


前回の応用問題です。





正解 変化1
こうなると先手がポイントを稼いでいる。
後手は桂馬を4五に跳ねて使いたい。


変化2
この変化は先手1番ありがたい。






ラベル:手筋
posted by むとせ at 16:14| 手筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

銀の手筋01





題材は、上記の「すぐに使える将棋の手筋〈下〉」です。
上下2巻あります。今は中古でしか手に入りません。

今回は、銀の手損によって争点を作る手筋です。

「争点」についての考え方は、とても重要です。
戦いを起こすためには、一マスをおいて
歩と歩が向き合わなければなりません。
それを強制的に実現するための手筋です。

詳細は上の本をご覧下さい。
下巻には、銀・金・角・飛車・玉の手筋が載っています。


後手4四銀右まで





ラベル:手筋
posted by むとせ at 01:53| 手筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
成長因子発毛効果