ads.txt

2011年11月27日

凌ぎの手筋200 金子タカシ氏




凌ぎの手筋186 (塚田泰明の速攻将棋) [単行本] / 金子 タカシ (著); 高橋書店 (刊)


21年前に、上の本が発売された。

あの有名な金子タカシ氏の名著である。


昨年の4月に、

「寄せの手筋168」の増補版「寄せの手筋200」

が、そして、同年の12月に

「美濃崩し180」の増補版「美濃崩し200」

が、発売された。


だから、そろそろかなぁ、と思っているのだが・・・。

全く話を聞かないね。

楽しみに待っている。


みんなも読めば、必ず受けと凌ぎが強くなる。

そして、将棋が強くなり勝率もアップする。



より上に行くためには、受けと凌ぎが絶対にうまくないと
いけない。

そういう本が、将棋には少ない。


だから、もし発売されたら、この本には飛びついても
構わない。

余程ミスとかがなければの話だが・・・。





寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス) [単行本] / 金子 タカシ (著); 浅川...


美濃崩し200 (最強将棋レクチャーブックス) [単行本] / 金子 タカシ (著); 浅川書...

寄せの手筋168 (塚田泰明の速攻将棋) [単行本] / 金子 タカシ (著); 高橋書店 (刊)

美濃崩し180 (屋敷伸之の忍者将棋) [単行本] / 金子 タカシ (著); 高橋書店 (刊)

マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死 [文庫] / 金子 タカシ (著); 毎日コミュニケ...


posted by むとせ at 19:45| 終盤総合の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする