ads.txt

2015年07月12日

朝の詰将棋 20150712 詰テク入門109(小林健二八段) 第23問 1分で初段



下の本の詰将棋で、第23問です。「詰テク入門109(小林健二著)」は平成2年が初版(第1刷)で、管理人むとせ所有のものは、平成5年の第3刷の本です。

中古で購入しました。アマゾンにも少しだけ在庫がありました。


手数は5〜13手詰で持ち駒が3枚以下ですので、全体的に取り組みやすいです。

詰テク入門109


今回の問題は、典型的な良問です。よく見かける手筋で、標準問題です。

1分で初段、
30秒で二段、
15秒(一睨み)で三段、
0〜5秒(一目)で四段
ぐらいだと思います。


<<<問題>>>

手数は短いです。
解答の将棋盤は追記に載せました。






詰テク入門109





<<<解答手順>>>



ラベル:詰将棋 小林健二
posted by むとせ at 10:09 | TrackBack(0) | ・・・易しい詰将棋・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック