ads.txt

2021年11月18日

将棋ソフト激指三段(激指15)に勝てるようになった理由<その1> (6か月で将棋五段になる方法) 将棋上達の近道



将棋はすべて私の後手番で、
3分切れ負け将棋です。
対激指三段09.png



将棋ソフト激指三段(激指15)に勝てるようになった理由


それは、・・・・・、

ズバリ、「定跡」を勉強したからです(笑)。


古い将棋ソフトは、
自己流でも激指三段までは勝てました。

しかし、最近の将棋ソフト激指は、
以前より序盤偏重になって
知識なしでは勝ちにくくなりました。

それで、定跡の力を借りました。


将棋の定跡は、先人たちの英知の塊です。

その知恵を借りることは、
決して悪いことではありません。

むしろ、将棋上達の近道です。


私が使用した本はこれです。

https://amzn.to/3BGUB73

中飛車ガイド (週将ブックス―定跡百科) - 週刊将棋
中飛車ガイド (週将ブックス―定跡百科) - 週刊将棋



次回、続きを書きます。

なお、最近は、5分切れ負け将棋で
激指四段にも勝てるようになりました。




続きを読む
posted by むとせ at 18:00| 6ヶ月で将棋5段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

6か月で将棋5段になる方法000  著作権侵害  他人の記事を勝手に盗むな!!!



ブログ 著作権.GIF



最近体が復調傾向なので、少しずつ投稿を始めます。

相変わらず有益な将棋盤がありませんので、
読者の皆様も読みにくいブログで申し訳ないです。

将棋盤の画像だけは載せていく予定です。


さて、当ブログは、
元々「6か月で将棋5段になる方法」という名前でした。

その影響もあって、カテゴリの
「6か月で将棋5段になる方法」
の記事がいつも人気があります。


2010年当時とは
将棋の環境が著しく変化しております。

私自身も以前とは考え方が変わってきましたので、
この機会に一部変更を加えながら再度投稿していきます。


なお、この11年間で、
当ブログの記事を無断で利用している輩が大勢いました。

無料ブログの記事を勝手に利用した場合、
こちらが親告すれば、
著作権法違反で逮捕されます。


今後は厳しく対応していきますので、
身に覚えのある方は、
今のうちにそれらを削除した方がいいでしょう。

また、引用する場合は、HPやブログのルールに従いましょう。


<<<参考サイト>>>
【無知は危険】ブログで正しく画像や文章を引用する4つの方法【訴えられます】


続きを読む
posted by むとせ at 20:21| 6ヶ月で将棋5段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

驚愕の将棋上達法:今泉健司プロの話 詰将棋1000本ノック



今泉健司プロは、2014年の将棋プロ編入試験に合格しました。そして、今月1日から将棋のプロ棋士四段になり、早速方々で活躍しています。

その今泉健司プロの将棋上達法を、森下卓プロがニコニコ生放送で話していました。


毎度毎度恐縮ですが、この話も部分的にしか見聞きしていません。一日中ずっとニコニコ生放送を観ていられる身分・立場ではありませんので、何卒ご理解下さい。


その将棋上達法とは、
詰将棋の「1000本ノック」でした。

短手数の簡単な詰将棋を毎日1000問解く方法です。



驚くべきことに、毎日毎日同じ問題を1000問解いた(今も解いている?)そうです。この方法には、さすがの森下卓プロも舌を巻いていました。

それで、その使用していた詰将棋の本が、例の浦野真彦プロのハンドブックです。彼の本には、1手、3手、5手、7手の詰将棋ハンドブックがあります。


やはり、詰将棋は、将棋上達に欠かせないようです。

車中(電車?)の中で解いていたそうですが、毎日決まった時間帯、例えば通勤時間などに解いていたのかもしれません。


アマトップから将棋のプロになった方が、短手数の詰将棋を重視していました。今泉健司プロよりずっと将棋が弱い我々が、易しい詰将棋を無視する訳には行きません。


<注意>
彼が、易しい詰将棋だけを解いていたとは一言も言っていません。将棋上達法の一部に、上記のような方法があったということです。この点を誤解しないようにしましょう。当然ながら、9手詰〜49手詰ぐらいの詰将棋にも挑戦していたはずです



3手詰ハンドブック -
3手詰ハンドブック -

3手詰ハンドブック〈2〉 -
3手詰ハンドブック〈2〉 -

5手詰ハンドブック -
5手詰ハンドブック -

5手詰ハンドブック〈2〉 -
5手詰ハンドブック〈2〉 -

1手詰ハンドブック -
1手詰ハンドブック -

7手詰ハンドブック -
7手詰ハンドブック -




posted by むとせ at 23:42 | TrackBack(0) | 6ヶ月で将棋5段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

<丸秘>将棋上達法<浮気> 加藤一二三九段とつるの剛士アマ将棋三段、登場!!!



本当は<丸秘>でも何でもないのですが、当たり前のことができていない人が大勢いますので念のため書いておきます。


いつもいつも感じていたことです。将棋倶楽部24の将棋観戦をしている人の内、2〜4割ぐらいは、対局後あっという間に立ち去ってしまいます。その内の半分は棋譜が目当てでしょうから、問題はないはずです。しかし、残りの半分はきっと何も考えていないはずです。つまり全体の2割前後の方は、次から次へと高段者の将棋を渡り歩く訳です(数字は推定です)。

こういう浮気っぽい人は、将棋ではなかなか強くなりません。何かしら縁があって興味を持って将棋を観戦している訳ですから、その将棋から貪欲に何か学ばなければ時間の無駄です。気になるところがあれば、自分の頭でじっくり考えてみましょう。

むとせの場合、気になる将棋は3〜7日間ぐらい考えます。もちろん、毎回ではありませんし、結論が出ないでそのまま放置なんてこともよくあります。しかし、それで良いのです。加藤一二三九段がおっしゃるように、将棋は自分の頭で考えただけ強くなるゲームです。たとえ結論が出なくても、その思考時間は必ず自分の血肉になります。


ですから、将棋で強くなる人は、しつこい人だと思います。


むとせのある友人は、自分が指した将棋を必ず家で並べ替えして復習していました。ネットなどある時代ではないですから、すべて自分で将棋を思い出して並べていたのです。

彼の実力は、当時の将棋道場三段、今の将棋道場五段以上だと思いますが、彼は将棋初段になる前からずっとその方法を続けています。<今は音信普通ですのでちょっとわかりません。多分まだ生きているはずです(笑)。>残念ですが、NHK将棋フォーカスに出演されているつるの剛士三段よりは、ずっと強かったです。彼とは角落ちでも余裕で勝てるはずです。飛車落ちでも良い勝負をしたかもしれません。


補足ですが、彼は詰将棋は解いていないと言っていましたが、実戦詰将棋はとても強かったです。陰では努力していたと思います。



posted by むとせ at 20:39 | TrackBack(0) | 6ヶ月で将棋5段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

将棋・正解率90〜99%の次の一手:三段編 10 解答編 読み切り練習 <詰めろ逃れの詰めろ>



前回の解答です。少し難しかったでしょうか?でも、解答を見て理解できれば、いずれ役に立つ時がきます。将棋の寄せの勉強は、蓄積されていつか花開きます。

代表的な変化を載せておきました。他にも変化がありますのですべて読み切りましょう。読みきり練習は、将棋上達では大変学習効果が高いです。

もし仮にすべての変化を読み切っていましたら、将棋四段以上はあります。どんなに悪くても強い三段はあります。

解答を当てていましたら、将来の将棋二段候補です。将棋三段問題としては少し易しいです。


変化1:最後の1二角が<詰めろ逃れの詰めろ>で先手の勝ちです。



変化2:この変化は詰みです。




posted by むとせ at 22:58| 6ヶ月で将棋5段になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする