ads.txt

2019年09月15日

将棋上達のヒント02 基本が固まっていない


前回は「将棋の基礎が固まっていない」というテーマで書きました。今回は「将棋の基本が固まっていない」というタイトルです。


早速ですが、皆さんは「基礎」と「基本」の違いをご存知でしょうか?


以前他のブログでも書いたのですが、大昔読者の皆さんがまだ生まれていなかったかもしれない頃の話です。教育関係者の間で「基礎」と「基本」の違いについての大論争がありました。

その時は悲しくて滑稽なことに結論が出ませんでした(笑)。

それ位「基礎」と「基本」に関する言葉の定義は難しい問題だったのです。


ところが、数年前にあるホームページで以下のような記述を見つけました。

◆基礎と基本の違い
 基礎は知識、基本は認識。
 基礎は知識や技能、基本は認識や価値観。
 基礎は身につけさせるもの、
 基本は確かめ確認していくもの。
 基礎は習熟・鍛錬、基本は思考・合意。 
 基礎は理屈抜きで教え、基本は討論・検討がある。
 基礎は認識や価値観を培う土台、
 基本は基礎の上に立つ応用。
 獲得した基本は次の学習の基礎になる。
 例)基礎:4×5=20、
   基本:四角形の面積は縦×横だから4×5=20

基礎と基本の違い


この定義を見た時に、「時代もかなり進んだなぁ」と感動したものです。昔に比べればかなり進歩しています。ただし、これでもまだまだわかりにくいです。読者の皆さんも「基礎」と「基本」のイメージが湧いてこないはずです。ちなみに、「基本」については前回書いたように「土台」という定義ですと、イメージが浮かびやすいです。おそらく小学生低学年に説明しても理解してくれるでしょう。


私自身も長年「基本」の定義に苦しんでいたところ、
最近になってもっとわかりやすい定義を発見しました。

それがこれです。

基礎は物事の土台で、基本は物事の軸

知らなかった!「基礎」と「基本」の違い


たった一行で表現していますのて、とてもわかりやすいです。素晴らしい定義です。これもまた多くの将棋ファンに受け入れられるのではないでしょうか?この定義に出会った時は、私のもやもやが一気に解消された瞬間でした(「基礎」の定義は同じだったのですが、「基本」の定義が長年曖昧でした)。


これで、基礎と基本、そして応用(発展)へのつながりが掴めました。


ですが、私の場合は、基本は「軸」でなく「柱」として考えます。

なぜなら、家にたとえれば「土台」の上に「柱」があって、
家が建築されるからです。


図で示せばこんな感じです。

家の柱 将棋上達のヒント02.png
そもそも基礎ってなに?

家の土台 将棋上達のヒント02.gif
基礎(weblio)


実際の「柱」の数は、
3LDKの一戸建てならば20本以上になるはずです。

将棋の場合も、「基礎」の上に数十本、数百本の「柱(基本)」があると考えています。

<基本についての考え方や定義は他にもありますが、便宜上今回はこの定義で話を進めます。>


これでやっと「基本」の定義ができました。

これからが本題です。


「基本(柱)」の意味を理解できたところでお尋ねします。

さて「将棋の基本」とは何でしょうか???

これもまた難しい問題かもしれません。

次の行に進む前にしばらくお考え下さい。



前回の投稿「将棋上達のヒント01 基礎が固まっていない」のところで、「売れている本にこそ基礎充実のヒントが隠れている!」と書きました。

あの本で将棋上達者、特に有段者が急増したということは、あの本の中にこそ将棋上達の「基礎」の一部が隠れていたことになります。


しかし、果たして彼らはあの本をマスターしただけで将棋有段者になれたのでしょうか?


確かにあの本のおかげで将棋三段以上の人が増えたかもしれません。ですが、その陰で相変わらず実力が停滞してる将棋ファンが大勢いるはずです。50万人の人が愛読したからと言って、50万人全員が将棋で上達して有段者になれたはずがありません。もしそうならば、日本将棋連盟の有段者の免状授与者が急増したはずです(笑)。


実際のところ、そういう話は全く聞いたことがありません。ネット上における将棋有段者は増えたかもしれません。しかし、ネット将棋ではソフト指しが非常に多いです。また、某サイトの有段認定は非常に甘いです。

そういった現状を踏まえますと、「寄せの手筋200」の愛読者の数%しか将棋三段以上になれていないはずです。


この記事は、残りの90数%を救済するための「将棋上達のヒント」です。それをご理解の上次の重要事項を頭に叩き込んで下さい。


私なりの結論ですが、
「基本」を固めるためには、
実戦が必要不可欠だということです。



つまり、こういうことです。


将棋の書籍などで「基礎(土台)」を学んだあとで、
それらを実戦で使うと知識が定着しやすくなります。

その定着したものこそが、
まさに「基本」であり「柱」ということです。

そして、この基本(柱)は、数十本、数百本と増やさなければなりません。その数があるラインを超えると次のステップに進めます。つまり、将棋で昇級・昇段できるということです。

また、基本(柱)を増やすための実戦は、できる限り効率的なものでなければなりません。数多く将棋を指したからといって、短期間で「基本」が固まり「柱」が増えるというわけではありません。


以上のことを確実にできれば、
とても強い将棋三段になれると確信しています。

これ以上に関しては、ご自分の頭でお考え下さい。

この記事はあくまでも「将棋上達のヒント」です。

なお、本物の将棋四段はまた別物ですので、
上記だけではそのレベルに達しにくいと思われます。




最後に強調しておきたいのですが、
以下のことを肝に銘じておいて下さい。



「言葉の定義」に関しては、あくまでも個人的な意見です。

私なりの「言葉の定義」を誰かに強制したり押し付けたりする気は毛頭ありません。

私自身が今はこのように考えているということです。

数年後はまた違った見解になっているかもしれません。

このことを絶対に忘れないで下さい。


異論反論ある方は、自分なりの定義で将棋上達に励めばいいのです。また、私は言葉の専門家ではありませんので、言葉に関して専門的なことを言われても回答はできません。



最後までご覧いただきありがとうございました。

次回の記事「03.基礎・基本の応用(発展)ができない」は、9月22日(日)に投稿する予定です。記事タイトルは(仮)のものです。急遽変更することもありえます。

それから、急用で記事後半が少し雑になってしまいました。気が付いたことがあれば追記します。追記があればブログ上でお伝えします。



posted by むとせ at 18:57| 将棋上達と○○○○○ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

将棋上達のヒント01 基礎が固まっていない 


昔からある言葉なのですが、
「万年初段」という表現をご存知でしょうか?

とても失礼な表現で恐縮ですが、「万年初段」とは、自分の趣味などで下手の横好き(?)の人が初段辺りで実力がウロウロする人を揶揄した表現です。

こういう方々も、実力では停滞しながらも、将棋や囲碁などの盤上ゲームを十分に楽しんでいます。ですから、外野がとやかく言うことではありません。


しかし、そういう方々の将棋の中にこそ、実は将棋上達の重大なヒントが隠れています。そして、それらの中に明らかな共通点を見出すことができます。

それに気が付いた方が、将棋2級〜二段近辺を短期間で突破できると確信しています。


その共通点の一つが、記事タイトルにも書いた「基礎が固まっていない」なのです。


ところで、ここで改まって「基礎」と言われると、「将棋上達にとっての基礎とは何?」と思いませんか?

そうなんです。

それこそが重要なポイントなのです。


ほとんどの将棋ファンは、その「基礎」がわかっていません。おそらく将棋のプロもわかっていないはずです。なぜなら、それらを体系化し文書化していれば、自分たちの弟子たちを短期間で将棋のプロにできるはずだからです。しかし、現実のプロの世界では、短期間で奨励会を突破する人は極一部です。


「基礎」と言っても、将棋5級になるための基礎、将棋初段、将棋四段、奨励会6級、奨励会初段、プロ四段になるための基礎は、それぞれ異なるものになります。

ここでは、主に将棋初段〜三段になるための「将棋上達の基礎」についての「ヒント」を書いていきます。



一般的に、「基礎」とは「物事の土台」という意味で使われています。

「基本」とは意味が異なります。

それに関しては次回述べます。


ここで数分間考えてみましょう。

・将棋初段〜三段になるための基礎とは何か?

この点でお考え下さい。



自分なりに考えて結論を出した方から、
次の行に進んで下さい。

自分なりに考えることも、
物事の上達で非常に重要なことです。





さて、自分なりの結論が出たでしょうか?

正直なところ、改めて尋ねられると難しかったのではないでしょうか?


多くの皆さんが、詰将棋や次の一手、実戦、棋譜並べなどが思い浮かんだはずです。これもまた解答の一部で決して間違いではありません。

しかし、それでは一般的な将棋上達法と何ら変わりがありませんので、私は全く別の視点で異なる解答をご用意致しました。


その解答例が、ズバリこれです。

「なぜあの本が売れているのか?」
「売れている本にこそ基礎充実のヒントが隠れている!」
「それこそが将棋初段〜三段突破の大きな鍵だ!!!」



皆さんの頭の中は「???」かもしれません。

おそらくチンプンカンプンのはずです。

もしかすると、当ブログの長年の愛読者は「あぁ、あれか。あのことか。」と、例の本が頭に浮かんだかもしれません。


ほとんど方が意味不明でしょう。

ですから、順を追ってご説明致します。



正直に告白しますと、将棋初段や三段になるための有効な教材は、今のところ存在しません。実際に作ろうとすると膨大な時間がかかります。プロも費用対効果を考えますから、取り掛かるには相当の勇気と根性がいるはずです。

ここで取り上げれば誰かが話題にしてくれて、いずれそういうテキストができる可能性もほんの少しだけあります。その場合、1,500円〜2,000円程度の本が最低5冊は必要で、合計8,000〜10,000円程度になるかもしれません。しかし、その可能性があってもその時期がいつになるかは誰にもわかりません。


ほとんどの将棋ファンは急いでいると思います。ですから、ここでは急場を凌ぐためにある本を例にして話を進めます。その本が「将棋上達のヒント01 基礎が固まっていない」と密接な繋がりがあるのです。



多くの将棋ファンが、超有名な
寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
をご存知のことと思います。

下の本がそれです。
寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)


おそらく「寄せの手筋168」の頃を含めれば、
数十万部は売れているはずです。
寄せの手筋168 (塚田泰明の速攻将棋)
寄せの手筋168 (塚田泰明の速攻将棋)


この本はなぜ売れたのでしょうか?

答えは簡単です。

将棋で勝てる人が増えたからです。


「寄せの手筋200」をある程度マスターすることによって、終盤の「基礎」ある程度固まったのです。

将棋の終盤力の上昇とともに勝率20%以上上がり、
昇級・昇段する人が増えたわけです。

実際聞いた話では、
将棋2級〜二段辺りで停滞していた人が、
短期間で壁を越えたという話を何度も耳にしました。


もちろん、この本だけがそれら昇級・昇段の理由ではないでしょう。

おそらく将棋の終盤が弱かった人を中心に影響力が大きかったはずです。


つまり、「寄せの手筋200」である程度「基礎」が固まった人がその他大勢から抜きん出たのです。もちろん、教材となる本はこれだけではありません。例の一つを書いたに過ぎません。

このヒントを元に、
あとは自分の頭で考えてみましょう。

向上心豊かな皆さんであれば、
きっとすぐに別の解答が見つかるはずです。


以上が「将棋上達のヒント01 基礎が固まっていない」です。 


とても急いで書きましたので、説明の足りないところもあったかもしれません。気が付いたことがあればあとで追記します。


最後までご覧いただきありがとうございました。


次回は、「将棋上達のヒント02 基本が固まっていない」のテーマで書く予定です。「基礎」と「基本」は異なります。「基本」という言葉の意味について、あらかじめ予習をしていただけるとありがたいです。





続きを読む
posted by むとせ at 04:46| 将棋上達と○○○○○ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

将棋が強くならない人の特徴と共通点 改め 将棋上達のヒント 



以前「将棋が強くならない人の特徴と共通点」というテーマで連載をやろうとしたのですが、途中でやめてしまいました。

この記事タイトルを改めて「将棋上達のヒント」というタイトルで開始します。

いつも通り「目次」を設け、そこにリンク先を貼っていきます。


あくまでもヒントなので、その先は自分で考えましょう。

甘やかされて育つとろくな大人にはなりません(笑)。

すでに大人の人はろくな高齢者にはなりません(笑)。

  
posted by むとせ at 17:51| 将棋上達と○○○○○ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

参った 今年の暑さは特殊ですね。


今年の暑さは特殊ですね。
例年夏でも夜間の気温は低くなります。
この時分は大体25度前後です。
ところが、今年は29度前後です。

昼間は32〜34度でいつも通りなので全然大丈夫です。
しかし、夜間が冷えませんと体力を消耗します。

あと最低1週間以上はこの状態が続きそうです。
冷房は全くつけないのでしんどいです。

ラベル:将棋 異常気象
posted by むとせ at 21:33| 将棋上達と○○○○○ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

将棋上達と詰将棋 藤井聡太七段“詰将棋名人”ゆえの超感覚 羽生善治九段が「非常に優れている」と絶賛する危険察知能力 AbemaTIMES



ご存知ない方が多いのですが、将棋の実力と実戦詰将棋を解く力の相関関係は実証されています。データの詳細は将棋倶楽部24にありますが、将棋が強くなるほど終盤での詰みを逃す割合が低くなります。将棋倶楽部24の八段レベルでは2%未満でしたが、実力が下がるほどこの数字は高くなっています。

実戦詰将棋は難しいです。これをより易しくしたものが、現代の詰将棋です。すべてではありません。難しさや趣向に凝ったものを除いた詰将棋、実戦形詰将棋、実戦に生かせる詰将棋の話です。

そういった将棋上達に生かせない問題を除けば、やはり詰将棋の効果は絶大です。一部の将棋ファンがこのことを否定していますが、1000問も解いたことがない人が一方的に否定することはやめていただきたいものです。

新題を3000〜6000問解いて、実戦に生かせることができるようになれば、将棋の上達速度も勝率も明らかに異なってきます。


アマチュア将棋ファンの詰将棋否定派は、努力から逃げている人が多いです。彼らは詰将棋が嫌いなのです。詰将棋を徹底的に解いて研究する努力を放棄しています。こういう方の話には説得力がないので、あまり耳を傾けてはいけません。

苦労や困難から逃げていては、決して道は開かないのです。


なお、「将棋上達と詰将棋」のタイトルで記事を書いたことがありますが、内容は全く異なります。


記事全文は追記にあります。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00010000-abema-soci
 難問の詰将棋を瞬時に解き、自作もするということは、実際の対局においても盤上がどう変化すれば詰みが生じるかを、圧倒的な速度で読めることにつながる。現状が詰んでいるかを考えるのとでは、実戦において決定的とも言える違い、差が出る。
続きを読む
posted by むとせ at 11:38| 将棋上達と○○○○○ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする