ads.txt

2013年12月06日

将棋・美女美少女対決 目の保養 <元気がない時の丸秘将棋上達法>


洒落です。

元気が出ない時は、かわいいおねえちゃんの画像や映像を見ることが一番良いのです(本当かぁ?)

丸秘将棋上達法には、目の保養もお忘れなくわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)(笑)。


それにしても、最近元気が出ません。やはり、大増税時代到来が・・・。


なお、すべての画像は、1クリックで拡大します!!


最初の2枚は、さっき偶然見つけた写真です。(昔、美しかった)女流棋士3名も載せておきました。もちろん、今ももっともっと美しいですよがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)



かわいい01.jpg

かわいい02.jpg

gOyCBNa.gif

983909_435776086518671_1396439907_n.jpg

nekoinori.jpg

nekobanshaku.jpg

dogwarai.jpg

neko01.gif

neko.jpeg

kumi nude.jpg

01 hayashiba.jpg

simizu01.jpg

mutosepanda01.jpg

mutose01.JPG

o0240032010157838996.gif


posted by むとせ at 17:56| 永久保存版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

将棋・名局鑑賞(棋譜並べ)<最短将棋上達法>将棋三段・四段・五段への近道<天野宗歩対伊藤宗印>「棋聖 天野宗歩手合集 / 内藤 国雄 (著); 木本書店 (刊)」【永久保存版】




天野宗歩の将棋の棋譜は、それを並べる人の実力に合わせて将棋のレベルが高まります。アマ五段の人が並べればアマ五段レベルに感じ、プロ四段が並べればプロ四段レベル、プロの名人が並べればプロの名人レベルに感じるという訳です。

故人の升田幸三元名人によれば、天野宗歩は実力十三段だそうです。ですから、羽生プロや渡辺プロよりずっと強かったのかもしれません。我々アマレベルには全くわかりませんが、相当強かったようです。

彼の将棋は基本的に攻め将棋です。そのため、アマチュアにも好まれて昔からよく棋譜並べの材料として使われています。実際はプロの修行用なのですが、密かにアマ高段者にも使用されています。アマチュア有段者にも使えると思います。

なお、管理人が参考にしている本は、今買うと3〜5万円します。これは中古ではほとんど売っていませんので、一番下の本をお勧めしておきます。


今回の将棋は随分古いですが、今の時代に並べても大変面白くとても参考になります。管理人にはまるでアマチュアの将棋のように感じられますが、実際は至上最強の棋士の棋譜なのです。ということは、管理人のレベルがその程度ということです。やはり、棋譜(対局)を並べる人の実力を反映するようです。


天野宗歩対伊藤宗印 
安政3年(1856年)11月17日 





棋聖 天野宗歩手合集 [単行本] / 内藤 国雄 (著); 木本書店 (刊)



posted by むとせ at 23:14| 永久保存版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

2013年05月25日

【将棋・お宝】むとせ、大興奮!!!【東大将棋振り飛車道場】


東大将棋 振り飛車道場 / 毎日コミュニケーションズ



さっき偶然発見しました。

あとで投稿する記事とも関係しています。


この将棋ソフトの段級位戦が最高です。

プロも負けてたくらいです。

2002年(平成14年)の話ですよ。



この段級位戦は、
今のアマチュアの段位に合っています。

六段まで最高に楽しめます。


95からXPまでしか動かないようですが、
最高の将棋ソフトです。

持っていて後悔しませんよ。

今なら1つだけあります。


なお、今の将棋ソフト激指のレーティング戦は、
駄目です。

あれはアマチュア将棋ファンのやる気をなくします。

管理人もあれは嫌いです。


振り飛車党にはきついでしょ?

特に、古い振り飛車を指すタイプには。




東大将棋 振り飛車道場 / 毎日コミュニケーションズ


posted by むとせ at 20:16| 永久保存版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

【将棋上達】「谷川浩司全集〈平成元年度版〉 [単行本] / 谷川 浩司 (著); 毎日コミュニケーションズ (刊)」



谷川浩司全集〈平成元年度版〉 [単行本] / 谷川 浩司 (著); 毎日コミュニケーションズ (刊)



この頃の将棋は、完全に居飛車党向きである。

だが、谷川ファンなら、絶対に持っていたい全集である。


矢倉党は、必見の書であろう。


いずれにせよ、光速の寄せを見られるのがありがたい。



谷川浩司全集〈平成元年度版〉 [単行本] / 谷川 浩司 (著); 毎日コミュニケーションズ (刊)


posted by むとせ at 12:26| 永久保存版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする