ads.txt

2011年12月25日

【残り2冊】


ごきげん中飛車を指しこなす本 (最強将棋塾) [単行本] / 近藤 正和 (著); 河出書房新...


残念ながら、上の本が残り2冊です。


あとの本は、状態が悪いか、高すぎます。

さすがに、18900円は、無理でしょう。


むとせには、とても無理です(笑)。


posted by むとせ at 00:11| ごきげん中飛車を指しこなす本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

【極秘級:将棋上達】併読の効果【ごきげん中飛車の極意】



NHK 将棋講座 2011年 12月号 [雑誌] [雑誌] / NHK出版 (刊)

ごきげん中飛車を指しこなす本 (最強将棋塾) [単行本] / 近藤 正和 (著); 河出書房新...


上の近藤本をしつこく何度もご紹介してきた。

一時期20冊以上あった中古も、とうとう8冊になった。

状態「可」を除くと、たったの5冊である。


いよいよですなぁ。


この本に載っている手順は、
ソフトの定跡には含まれていない。


むとせ自身が確かめたから、間違いない。

【すべてを確かめたわけではない。】


定跡には載っていない手順。

将棋には、これがとても重要である。


もしかすると、裏定跡なんてこともありうる。

仮にそうでなくても、役に立つことは確かだ。


最近むとせは、上の近藤本と下の「よくわかる中飛車」、
そして「NHK 将棋講座 2011年 10月号」を併読している。

この併読の効果を、読者を知らないだろう。


一戦法において、複数の著者の本を読むと、驚くほど
学習効果が高い。

内容が重なっていたり、全く異なっていたり、
この点が将棋には大変重要である。


近藤本と藤倉本は、手元にある。

だが、「NHK 将棋講座 2011年 10月号」は、
図書館の本である。


まさか、これほど良書とは思わなかった。

大失敗である。


この10月号は、今、アマゾンで6800円もする。

530円が、いつの間にか10倍以上である。


いずれ単行本がでるだろうが、来年の春か夏だろう。

そこまで待つのも大変だ。


何とも情けない話である。



マイコミ将棋BOOKS よくわかる中飛車 [単行本(ソフトカバー)] / 藤倉 勇樹 (著);...





NHK 将棋講座 2011年 10月号 [雑誌] [雑誌] / NHK出版 (刊)

NHK 将棋講座 2011年 11月号 [雑誌] [雑誌] / NHK出版 (刊)

NHK 将棋講座 2011年 12月号 [雑誌] [雑誌] / NHK出版 (刊)


posted by むとせ at 20:24| ごきげん中飛車を指しこなす本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

ごきげん中飛車を指しこなす本:04 前回の解答と問8




前回の解答は、後手@7五歩A6五銀B3三銀の3通りである。

各自、研究していただきたい。

当ブログでも少しだけ取り上げる。


上の@7五歩に対して、同歩、同銀と進んだところである。

さて、次の先手の次の一手は???
【問8 下の1冊目のP56である。】


後手7五同銀まで




ごきげん中飛車を指しこなす本 (最強将棋塾) [単行本] / 近藤 正和 (著); 河出書房新...

ゴキゲン中飛車戦法 (パワーアップシリーズ) [単行本] / 近藤 正和 (著); 日本将棋連...

新ゴキゲン中飛車戦法 (パワーアップシリーズ) [単行本] / 近藤 正和 (著); 日本将棋...




posted by むとせ at 19:07| ごきげん中飛車を指しこなす本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今のうちに正直に書いておくが・・・。





ごきげん中飛車を指しこなす本 (最強将棋塾) [単行本] / 近藤 正和 (著); 河出書房新...



上の本は、いつの間にかすでに新品が売り切れてしまって、
中古しかない。

その中古も、状態の「良い」ものは残り10冊だが、
1000円未満で購入できるものは、0冊である。
【11月29日時点】


新品の価格とほぼ同価格で買えるものは、残り6冊で、
残りの4冊は、恐ろしいほど高くなっている。

余計なお世話かもしれないが・・・。


ごきげん中飛車を指しこなす本 (最強将棋塾) [単行本] / 近藤 正和 (著); 河出書房新...

ごきげん中飛車を指しこなす本 (最強将棋塾) [単行本] / 近藤 正和 (著); 河出書房新社 (刊)


posted by むとせ at 12:11| ごきげん中飛車を指しこなす本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

ごきげん中飛車を指しこなす本:03 第2章 問7と問8の間




今回は、本書にないオリジナルの問題である。

さて、先手4五銀のあと、後手番はどう指すべきだろうか?


主に3通りあるようだ。

1通りでもわかれば5〜1級、2通りで初〜二段、
3通りで三段以上かな?【少し甘いかも】


おもしろいことに、この先手4五銀から、激指の定跡には
載っていない。

ということは、知らない人や昔の本なので忘れている人も
大勢いるかもしれない。


こういう局面へ導くことも、実力の1つである。

新しいごきげん中飛車の本には、同一局面はほとんど
載っていないはずだ。

ならば、研究している方が、有利である。


ただし、似たような局面を経験している人は、
多いとは思う。


先手4五銀まで





ごきげん中飛車を指しこなす本 (最強将棋塾) [単行本] / 近藤 正和 (著); 河出書房新...

ゴキゲン中飛車戦法 (パワーアップシリーズ) [単行本] / 近藤 正和 (著); 日本将棋連...

新ゴキゲン中飛車戦法 (パワーアップシリーズ) [単行本] / 近藤 正和 (著); 日本将棋...



posted by むとせ at 13:30| ごきげん中飛車を指しこなす本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする