ads.txt

2010年10月27日

初段の条件B(当ブログの条件)手筋編1

前回、「手筋」については「複雑である」と書きました。


その理由は、以下の通りです。

@駒別に習得した方が効率的である。
Aレベル別(初段以下、2段以上)に習得した方がいい。
B戦法別(居飛車・振飛車)に手筋の種類が異なる。
C序盤・中盤・終盤の手筋がある。
D少しずつ手筋が増加している。

以上の理由により、前回は書くことができませんでした。


今回は@Aを合わせて、「駒別」の「初段以下」について本をご紹介します。量が多すぎるので個別については触れません。

初段までに是非身に付けたい手筋ばかりですので、できる限り揃えたいものです。独学で身に付けたり自分で発見しようしたりすると、500年や1000年生きても無理だと思います。








(参考)

ラベル:初段 手筋

2010年10月22日

初段の条件A(当ブログの条件)


C寄せ

初段レベルの「寄せ」の技術を身に付けている。

・最低でも「寄せの手筋200」と「寄せが見える本(基礎編)」で「寄せ」の技術を習得していなければ、有段者の仲間入りは無理です。初段までにマスターしておくと、2〜3段になりやすいのでここで踏ん張ることです。





D手筋

・とても複雑なので後述します。


E定跡

・初段用定跡本を最低1冊は仕上げている。

※戦法によって対象となる本は異なります。


F得意戦法

・得意戦法を最低1つは持っている。時には2〜3段ともいい勝負ができる戦法です。


G対人間の成績

・道場初段との戦績を最低勝率6割、できれば7割を確保する。

(日本中の初段には実質5〜2級が大勢いますので、勝率7割はほしいところです。)


その他、大局観等ありますが今回は省略します。
ラベル:初段

2010年10月20日

初段の条件@(当ブログの条件)【一部修正】

当ブログの「初段の条件」は、

A.どこに出ても恥ずかしくない初段
B.2〜3段になりやすい基礎力のあるしっかりした初段


です。

ですから、ここの初段と他の初段には多少ずれがあると思って下さい。私が当ブログで話を進める上で、便宜上設定する初段です。

少し負担のある初段ですが、読者の皆さんには是非3段以上になって頂きたいので「キツメ」の条件にしました。


【説明】「上」「中」「下」の違い

「道場5段上」:県代表経験者、又はそれと同格
「道場5段中」:上に準ずる5段
「道場5段下」:首都圏ならどこの道場にもいる5段
※一般に、4〜6段にはそれぞれ3段階あります。

「道場初段上」:初段の強い方(初段半=1.5段)
「道場初段下」:初段の弱い方(お情け初段等も含む)
※一般に、1級〜3段にはそれぞれ2段階あります。


@対ソフトの成績:対激指の場合

下のソフトは、当ブログの推奨第1位のソフトです。一生使えます。

激指 定跡道場2 優勝記念版



初段の方は、次の条件で「激指」に勝てなければなりません。時間は、おまけして無制限です。もちろん、「待ったなし」です。


ソフトに対して、下の1〜6の条件で勝てれば、条件の一つをクリアーです。

【注意】激指の種類(激指1〜9、激指定跡道場1、2)によって段位に微妙な差がありますので、上中下は参考程度にして下さい。私もかなり迷ってしまいました。


【優先課題】下の「1」と「6」を最初にクリアして下さい。

1.「激指4段(道場5段下)」の飛車落ちといい勝負ができる。
・少し甘いかもしれませんが、道場5段が激指4段に負けることは頻繁に起こります。上記の「道場5段下」の人たちが平手で勝つのは大変かもしれません。ですから、「激指4段」と飛車落ちでいい勝負ができれば、初段合格です。

2.「激指3段(道場4段中)」の飛車落ちに勝ち、角落ちでいい勝負ができる。

3.「激指2段(道場3段上)」の角落ちに勝ち、香落ちでいい勝負ができる。

4.「激指初段(道場2段上)」の香落ちに勝つ。

5.「激指1級(道場初段上)」の平手(先手)に勝つ。【人間が後手です。】

6.「激指2級(道場初段下)」の平手(後手)に勝つ。【人間が先手です。】

【あとで変更・調整するかもしれません。】

(参考)「激指6〜8級」=道場5級前後=ペーパー初段(月刊誌「将棋世界」の場合)


A詰将棋

・王様3段目(敵陣)までの1〜9手詰の詰将棋なら、ほぼ解ける。
・11〜15手詰にも挑戦できる。
・難問以外の3手詰は、30秒未満で解ける。


B次の一手

・最低2種類の初段用「次の一手」問題集を仕上げている。
(1種類ではまずいです。終盤中心の本もあれば、序盤から終盤までバランス良く問題を選んでいる本もあります。)

※下の本は必修です。これらをマスターせずに初段を語ってはいけません。

将棋世界BOOKS 免状が取れる!初段コース問題集


週将ブックス 初段の力



【次回に続く。】